20日、中国西蔵網は、ダライ・ラマ14世がフランスのオランド大統領に宛てて手紙を送ったことについて、「テロ組織を擁護している」との批判が上がっていると伝えた。写真はフランス国民議会。

写真拡大

2016年7月20日、中国西蔵網は、ダライ・ラマ14世がフランスのオランド大統領に宛てて手紙を送ったことについて、「テロ組織を擁護している」との批判が上がっていると伝えた。

今月14日、フランスのニースで大規模なテロ事件が発生した。過激派組織ISISが犯行声明を出したことを受け、フランスのマニュエル・ヴァルス首相は「フランスはテロリズムが起こす戦争を迎え撃つ」と発言した。

こうした動きに対して、ダライ・ラマ14世は18日にオランド大統領に宛てて手紙を送った。手紙では、「惨劇を前にして重要なのは平静を保つこと」とし、フランス国民に怒りと恨みに心を支配されてはいけないと呼び掛ける内容だったという。

記事は、ダライ・ラマ14世が昨年12月にイタリアメディアの取材を受けた際、「ISISと対話をすることで平和が得られる」と話し、ネットユーザーから「机上の空論」と皮肉られたと指摘している。

また、中国の全国政治協商会議民族宗教委員会の朱維群(ジュー・ウェイチュン)主任は、「全世界がISISの残忍な行為に対して、さらに有効な打撃を加えることで認識を同じくしている。ダライ・ラマ14世の主張により、彼がISISに同情している、または一体感を抱いていることが暴かれた」としている。(翻訳・編集/北田)