相撲協会「新旧権力闘争」の渦中に怪死事件

写真拡大

「あまりにタイミングがよすぎる……」──部屋付き親方の1人は、そう声を潜めた。

「この3月に貴乃花親方と理事長選を争って勝利した八角理事長(元横綱・北勝海)は、北の湖・前理事長時代に顧問として相撲協会の事務を取り仕切ってきた『K氏』について、前体制下で協会への背信行為や不正があったのではないかと見て、調査を進めているんです。

 そのK氏の過去を炙り出していく上で、内情を詳しく知るとみられていた関係者の1人が、自殺してしまったのです」

 追及の対象となっている「元顧問・K氏」は、現役力士のキャラクターを使ったパチンコの新台を製作するライセンス契約を巡って、2012年にメーカー関係者から裏金を受け取っていた人物だ。協会の顧問という立場で裏金を受け取る現場を収めた動画を本誌がスクープしている(週刊ポスト2014年1月24日号)。

 北の湖理事長体制下では「受け取った金銭は返したから問題ない」として不問に付されていた(渡した側のメーカー関係者は返還を否定)が、八角理事長(元横綱・北勝海)体制が発足した後に、協会内ではそれを再び問題視する動きがある。

 そうした流れのなかで亡くなった「関係者」とは、東関部屋に所属する三等床山(力士の髷を結う役割)を指す。

 6月3日、34歳で自ら命を絶ったその床山のイニシャルは、奇しくも元顧問と同じ「K」だ。別のある親方は、呻くようにこう漏らす。

「床山・Kは、自宅で首を吊って亡くなった。協会側は『うつ病を患っていた』と説明していますが、本当にそうなのか。だって、これじゃあ大鳴戸事件とそっくりですよ」

──20年前の1996年4月14日、元大鳴戸親方(元関脇・高鐵山)が、入院していた愛知県内の病院で重症肺炎のため急逝した。

 大鳴戸親方は当時、本誌が展開していた「角界浄化キャンペーン」の重要な告発者だった。

 八百長の実態や力士のマリファナ疑惑、巡業を巡る乱脈経理など、多岐にわたる問題を告発する手記を寄せていた。死の2週間後には、日本外国特派員協会で角界の暗部について語る講演も控えていた。

 しかも、大鳴戸親方が亡くなった同日、同じ病院内で、告発に協力していた有力後援者の橋本成一郎氏(元北の富士後援会副会長)も、親方と同じ重症肺炎で息を引き取ったのだ。

 角界の暗部を知るキーマン2人が同時にこの世を去る「怪事件」の真相は、今もヤブの中だ。今回の「床山・K」の死は、この大鳴戸事件を彷彿とさせるのである。

◆「遺書は残ってない」

 相撲協会内部の対立が先鋭化したのは、昨年の九州場所中の11月20日、北の湖・前理事長が直腸がんによる多臓器不全で急死したことが発端だった。

「当時、協会ナンバー2の事業部長を務めていた八角親方が理事長代行となり、場所後の12月18日に行なわれた理事会で理事長就任が承認された。そこで八角親方の昇格に反対し、次期理事長の座に意欲を見せたのが貴乃花親方でした。

 明けて1月末には2年に一度の理事改選が行なわれた。その直前に、八角理事長は北の湖体制下で大きな影響力を誇っていたK顧問に、契約解除を通告したのです。“八角vs貴乃花”の構図だった3月の理事長選は、協会から追放されまいとする元顧問・K氏が貴乃花親方支援に回り、さながら“八角理事長vs元顧問・K氏の代理戦争”の様相を呈していました」(相撲担当記者)

 改選された理事たちが投票する理事長選では、両陣営がなりふり構わぬ多数派工作に奔走した結果、貴乃花が2対6で敗れた。改めて八角理事長体制が固まり、元顧問・K氏は窮地に追い込まれた格好となった。その元顧問・K氏と近しい関係にあるといわれていたのが、「床山・K」である。

 今年1月の初場所開催中、理事選について本誌記者が床山・Kを取材した録音テープが残っている。改めて聞き直すと、

「オレは貴乃花グループの選対本部長を命じられてるんだよ。オレは床山だけど、X親方とY親方(取材時は実名)はオレの意向で(票を)入れる。今回は、顧問と組むことになった。(2人のイニシャルが同じだから)“Kライン”だよな」

 と語り、多数派工作に自信を見せていた。しかし、3月の理事長選で八角理事長が勝利すると、状況は一変した。

 5月場所中に両国国技館の地下通路で、床山・Kと再び本誌記者が会話を交わした際、その顔色は変わっていた。

「貴が(理事長選に)負けて、そりゃあ大変だよ。協会が(元顧問と床山の)“ダブルK”をパージしにかかってるな。(K・元顧問の)次は、オレも追放されそうだよ」

 協会は八角理事長の下、年明けから元顧問・K氏がかかわった不透明な資金の流れの全容を明らかにすべく、公認会計士と弁護士に依頼して調査を進めていた。

「元顧問・K氏が関わったとされる資金の流れは複雑で、全容解明にはK氏に近い人物の証言が重要だった。床山・Kも協会サイドによる調査の対象となっているはずだが、そうした中で死んでしまった。全容解明は遠のいたというしかないだろう」(協会関係者)

 騒動渦中でのキーマンの死について、床山・Kが所属していた東関部屋の東関親方(元幕内・潮丸)は、

「何もしゃべるなといわれてます。遺族の意思です」

 と口を噤(つぐ)んだ。そして床山・Kの実父を直撃しても、

「急だったこともある。何から手をつけていいか分からないし、遺書も残っていないから詳しいことはいえない。今は勘弁してください」

 と答えるのみだった。

◆もう一人の死者

 床山・Kの死が角界で衝撃をもって受け止められたのは、協会内で新旧勢力が対立する中での「2人目の死者」だったからだ。

 床山・Kの死のわずか1か月半前、今年4月に協会職員がやはり自宅で首を吊って自殺していたのだ。

「元顧問・Kに近いといわれた協会の事務職員が3人いました。八角理事長はそうした職員らに、元顧問・Kのやってきたことを明らかにするために協力を求めたものの、成果は上がらなかったと聞いている。そのうち2人は退職し、1人は協会に残った。自ら命を絶ったのは、協会に残った職員です。体調不良だったとも聞いていますが、あまりに不可解なタイミングだった」(別の協会関係者)

 キーマンが2人も近い時期に亡くなり、貴重な証言者がいなくなる構図は、たしかに大鳴戸事件を思わせる。

「理事長の特命を受けた会計士の調べでは、国技館の改修工事の業者選定など、元顧問・K氏のかかわった協会経費の使い方に問題がありそうだが、やはり資金の流れは複雑で、証言者となりうる存在がいなくなってしまえば詰め切れるかどうかはわからない」(前出の協会関係者)

※週刊ポスト2016年8月5日号