好調そのままに首位を走る時松(撮影:ALBA)

写真拡大

<ダンロップ・スリクソン福島オープン2日目◇22日◇グランディ那須白河ゴルフクラブ(6,961ヤード ・パー72)>
 国内男子ツアー「ダンロップ・スリクソン福島オープン」2日目、全選手がハーフを終え、時松隆光と岩本高志が初日の好調を持続させ、11アンダーで首位タイを並走。
国内男子ツアーフォトギャラリー
 2人の背中を追うのは10アンダーで暫定3位のキム・ボンソプ(韓国)。4位タイにはチンナラト・ファダンシル(タイ)、正岡竜二、ジュ・ホンチョル(韓国)、金子敬一が8アンダーで続く。
 前日首位タイの薗田峻輔は7アンダーで現在8位タイ。ホストプロの額賀辰徳は5アンダーで暫定21位タイ。中嶋常幸は順位を下げ、117位タイ、3オーバーでホールアウトしている。
 また、前回王者のプラヤド・マークセン(タイ)が21位タイまで順位を上げ、スコアは5アンダーまで伸ばした。
 全英帰りの宮里優作はイーブンパーで79位タイ。塚田陽亮は105位タイの2オーバーで2日目を終えた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>