ホンダとソフトバンクは21日、AI技術「感情エンジン」の活用に向けた共同研究を開始すると発表した。

 「感情エンジン」とは、ソフトバンクの子会社のcocoro SBが開発した技術で、感情を機械自ら擬似的に生成する機能を備えている。これを自動車に搭載することで、運転者との会話音声や自動車が持つ各種センサー・カメラなどの情報を活用できるようになる。

 共同研究では、自動車が運転者の感情を推定するとともに、自動車自らが感情をもって運転者と対話できるようになることを目指す。