『サマーソング』 (C) 映画「サマーソング」製作委員会

写真拡大

吉沢亮が初主演した映画『サマーソング』が9月17日よりシネマート新宿ほかにて、全国順次公開されることがわかった。

イケメン俳優の吉沢亮が高校時代の“ぼっち”な毎日を告白

本作は、サーファーの父親に憧れ、自身もサーフィンに明け暮れており、友人たちからもサーファーになる夢を応援されている市原健一(通称イッチー)が主人公。だがイッチーは、その父親を不慮の事故で亡くして以来、サーフィンを絶ち、親友の上原まこと(通称まこっちゃん)や大原大二郎(通称バンズ)とつるんで、彼女探しをしたり、アイドルの追っかけをするだけの日々を送るようになっていた。

そんなある日、まこっちゃんとバンズが海に行こうと提案。海に抵抗があるイッチ―は躊躇するも、海の家で働いてる親友のたけしとひろきに会えることから渋々同行する。道中、つぐみとえみこと出会いテンションが上がる3人だったが、彼女らにお金をスラれてしまう。また、久しぶりに再会したたけしとひろきに対しても何か違和感を感じてしまう3人。さらに、そこでお金をスラれたつぐみとえみこに偶然再会するというストーリー。いろいろとある中、はたしてイッチ―が、再びサーフィンを始めるようになるのかが描かれていく。

吉沢が演じるのは主人公のイッチ―こと市原健一役。吉沢は2009年に行われた「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」でRight-on賞を受賞。平成仮面ライダーシリーズで注目を浴び、最近も『さらば あぶない刑事』『オオカミ少女と黒王子』といった映画に出演する若手人気俳優だ。

また、親友のまこっちゃんこと上原まこと役を浅香航大、バンズこと大原大二郎役を赤澤燈が演じ、ほかにも筧美和子、丸高愛実、天野麻菜らが出演する。メガホンを、テレビドラマ『ROOKIES』『とんび』やTBS 開局60周年ドラマ『天皇の料理番』などを手掛け、映画『サンゴレンジャー』『全開の唄』などで監督をつとめた中前勇児がとる。

本作について吉沢は「青春を謳歌出来なかった人。周りの環境がどんどん変わって、自分だけが置いてけぼりな気がする人。あと一歩が踏み出せない人。そんな人たちの背中を押す力の1つになれれば嬉しいかなと思います。男ってどこまでもバカで愛おしい生き物だなと、感じてもらえる作品です」とのコメントを寄せている。

【関連記事】
[動画]山崎賢人、プロデューサーのふりして吉沢亮にウソ電話
[写真]『仮面ライダーフォーゼ』の劇場版製作発表記者会見に臨む吉沢亮
『カノ嘘』劇中バンドMUSH&Co.キャストに『仮面ライダーフォーゼ』吉沢亮ら起用!
菅田将暉、野村周平、吉沢亮が、恋も部活も頑張らないグダグダ高校生役に!