あの高収入ライセンスも!? 男性が教える「取っても意外に稼げない資格」5選

写真拡大

苦労して資格を取っても、現実的な仕事や収入に結びつくかどうかはわからないのが資格選びの難しいところ! 実際、持っていても意外と稼げない資格とは? 社会人男性に「意外に稼げない資格」について聞いてみました。

■猛勉強しても稼げない弁護士の資格

・「弁護士。司法試験は大変だが現在では弁護士さんの数が増え、思うように稼げないみたいなので」(28歳/アパレル・繊維/その他)

・「弁護士資格だと思う、猛勉強した後で実務経験を経ないといけない上、弁護士がたくさんいてその人たちと顧客の奪い合いになるので」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

実際に低収入に陥る弁護士さんは少数派なようですが、それでも気になるのが「苦労して弁護士になったのに稼げない人」の存在。弁護士になっても「経営努力」からは逃れられない!?

■過当競争の激しい歯医者

・「歯医者。稼げるのは一部で、増えすぎて過当競争の状態にあると聞くから」(32歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「歯科医師。今般ニュースで話題になるから」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

弁護士と同様、過当競争の憂き目に遭い、稼ぐのが難しいといわれている歯医者さん。これもやはり一部の人のようですが、街中に歯医者が乱立しているのを見ると「確かに」と思ってしまう話ですよね。

■給料が安すぎる、保育士

・「保育士。合格率が低い割には給料が安い。今年から少しはとりやすくなったみたいだが」(35歳/建設・土木/技術職)

・「保育士。給料体系は低いのに、とるのも学校に行かないといけないから」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

きちんとした学校を出て、子どもたちや社会に貢献しようと頑張っている人が多いのに、なぜか給料が安すぎる保育士。こんなに「世の中の不条理」を感じやすい資格はない!?

■全般的に収入が低いとウワサの福祉関係資格

・「福祉関係の資格。昼夜問わず忙しい割にあまり収入がいいとは聞かない」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「介護士、友達が持ってるが、給料が安いらしい。問題になってるし」(26歳/建設・土木/技術職)

保育士と同様に労力と貢献度が高いのにもかかわらず、収入に反映されにくいのが福祉関係の資格。いないと困る人たちの収入が少ないのはなぜなのか、全く理解できませんよね。

■競争が激しい会計士は、意外と稼げない?

・「会計士。基本はサラリーマン稼業だし収入も多くないし、競争も激しいから」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「公認会計士。もっと稼げると思って何年も費やしたのに全然稼げない」(32歳/その他/専門職)

監査法人に就職できれば高年収が期待できる会計士。ただ会社勤めとなるとサラリーマンとあまり変わらず「稼げない」と感じやすいよう。こんなことなら普通のサラリーマンでよかった!?

■まとめ

苦労して取った割には報われない資格も山のようにありますよね。特に上記の資格の実態はさておき、「苦労したのに割に合わない資格」と考えられていることが多いよう。強そうな資格だからといって、「それで人生安泰」という訳にはいかないのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数201件(25歳〜35歳の働く男性)