自動車部品大手ジェイテクトは、フランスにあるヨーロッパ地域統括拠点・JTEKT EUROPE S.A.S(JEU)において、ステアリングシステムの評価・解析を行うテストコース「IRY JTEKT EUROPEAN PROVING GROUND」を開所したと発表しました。

1

同社では、自社製品の評価、解析を行える施設を開設することで、技術力と営業力の強化をすすめ、欧州市場でのステアリングビジネスのニーズに対する対応力を向上させたい考えです。

今回のJEUの新テストコースでは、高度運転支援(ADAS)に対応する製品技術を開発・提案することも目指しています。

7月11日に開所したジェイテクトの欧州テストコースは、フランス中西部のローヌ川に沿ったリヨン地方の都市IRIGNYにあり、敷地面積が125,970屐▲魁璽耕明50,200屬竜模で、試験路には、500mの直線路、直径190m・勾配0度のダイナミックパッド、75mの低μ(摩擦)路、NV(異音)評価路を備えています。

開所式には、フランスの経済産業大臣・エマニュエル=マクロン氏、メトロポールドリヨン区長・ジェラード=コロム氏も参加し、同社取締役社長の安形哲夫氏やJEU代表・フランシス=フォルタン氏が出席しました。

会場内では同社の開発によるEPSを搭載した自動運転バス・NAVYA-ARMAも登場し、式典を盛り上げたということです。

同社は、日本国内のテストコースとして三重県伊賀市に敷地面積55万平方メートル、周回路長さ2.2kmの伊賀試験所を所有しており、これに加えて今回ヨーロッパ地域での新テストコースを開所したことで開発環境が一層拡充されることになります。

(山内 博・画像:ジェイテクト)

ジェイテクトがステアリングシステムの評価・解析を行う欧州テストコースをオープン(http://clicccar.com/2016/07/22/385924/)