写真提供:マイナビニュース

写真拡大

住友不動産ベルサールとライナフは、スマートフォンなどを用いてインターネットのブラウザ経由で、貸会議室の予約から利用する会議室の開錠・施錠までを顧客自身で完結することのできる「スマート会議室」運営システムを共同開発したと発表した。

今後、この運営システムを導入したスマート会議室「ベルサール ネクスト」シリーズ を、都内各所で展開していくという。すでに「ベルサール NEXT 浜松町」がオープンしており、8月1日に「ベルサール NEXT 東新橋5号館」をオープンする。

「スマート会議室」は、リアルタイムで空き状況の確認、その後の予約、決済までワンストップで対応できるサービス。全ての会議室がスマートロックとなっており、予約と連動して期間の定められたカギをスマホのアプリ上で受け取り、カギを開閉することができる。

開錠は、利用する会議室の前についたら、スマートフォンからマイページにログインし、カギ一覧から会議室番号が記載されたカギを選択し、「ドアを開ける」ボタンをクリック。鍵のをかける場合は、同じ画面から「ドアを閉める」ボタンをクリックする。

(丸山篤)