写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三菱電機ビジネスシステムは7月21日、e-Govにおける電子申請の行政手続きをセキュアなSaaS環境で実現する電子申請サービス「パッケージプラス ジラフィ」を新規に開発し、サービスの提供を開始すると発表した。

同サービスは「関数型暗号」による暗号文のアクセス権限制御など、高セキュリティー・高信頼技術の強みを活かした三菱電機スマート制御クラウドサービス「DIAPLANET」上で提供される。サービス利用により、高い機密性が求められる申請情報をセキュアに取り扱え、行政手続きに関わる事務負担を大幅に軽減できるという。

製品の特長は、「柔軟な電子申請環境の提供(特許出願中)」「公文書配信の効率化とセキュリティ(特許出願中)」。同社独自のデータ変換機能により、連携システム(給与計算システムなど)との連携を容易にかつe-Gov法改正時の対応を実現。申請書生成を共有サービスとしてクラウドに集約することにより、行政手続様式等の変更時の対応が迅速に実現する。また、申請書作成時に必要な電子署名はカードリーダー形式の証明書へ対応した。

さらに、e-Govから取得した公文書を一旦ファイル単位で分割し、企業が受け取る文書と従業員が受け取る文書を整理し、従業員への公文書配信作業の効率化を実現。公文書配信はインターネット経由でのダウンロードにより行うが、アクセスするURLは有効期限付きのワンタイムURLとしている。また、認証もシステム固定IDとワンタイムURLに紐づいたワンタイムパスワードの組み合わせとすることで、高度なセキュリティーを実現している。提供価格は、月額2万円(税別)から。

(Aries)