写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大塚商会7月21日は、クライアント証明書による端末認証機能を提供するオンラインストレージサービス「たよれーるどこでもキャビネット セキュア版」を8月1日から販売開始すると発表した。クライアント証明書は日本RA(NRA)の「NRA-PKI証明書」を採用し、9月16日からサービスを提供する。

同サービスのクライアント証明書には、NRAの「NRA-PKI証明書」を採用。導入企業では、「どこでもキャビネット」の管理者画面内で証明書の申請・発行・更新・失効の手続きを簡単に行えると共に、「どこでもキャビネット」のアカウントと一元管理が可能。

さらに、同社「たよれーるコンタクトセンター」による発行申請や各端末へのインストールなどの操作サポートを利用することで、専任のシステム管理者がいない中堅・中小企業でも手軽に導入できるという。

サービスの導入により、ID/パスワードが盗まれた際の第三者によるなりすましログインの防止や、万が一端末を紛失した際でも管理者が対象端末の証明書を失効させることで不正なアクセスの制限ができるとしている。価格(税別)は、200ユーザー/200GBが月額1万円となっている。

(Aries)