trend_20160715185742.jpg

写真拡大

大手玩具メーカーのエポック社から、"仕事をさぼる会社員"をミニチュア化したカプセルトイ「続 サボリーマンですが、何か?」が登場した。

ベンチで考え事をしているフリして寝ている若手社員や、傘でゴルフをしている中年社員など、オフィス街の公園なんかで良く見かける"サボリーマン"たちをそのまま小さくした。POPには「降格」、「左遷」、「抜け出せない人生バンカー」となんだかアンニュイなビジネスワードが踊る。

"続"とある通り今回はシリーズの第2弾。エポック社によると、第1弾は都市部のオフィスビル街に設置された機体での売り上げがかなり高かったという。

ラインナップはサボリーマンのほかに、「古びた公園のベンチ&コンビニ弁当」というセットもある。サボリーマンと組み合わせて飾れば、机の上が平日昼下がり気だるげな公園に早変わり。

一つ購入すると、"スマホで株価をチェックしているフリしてゲームにいそしむ男"が出てきた。座っている姿勢なので、いろいろな場所に飾ることができる。

4cmほどの大きさながら、スーツのシワ、眼鏡、微妙に曲がったネクタイなど細部まで再現されており、見事なサボりっぷりだ。1回200円。