情報バレるかも。女子のためのポケモンGO注意点

写真拡大

「Pokémon GO」いわゆる「ポケGO」が日本にもついに到着。

さっそくインストールして、いざ始めてみるともう夢中。雨なのに外に出たくて仕方なくなるし、社内でもポケモンを見つけたらすかさずゲット。大変なことに。

屋外でするゲームなので、人とぶつかったり交通事故などの危険をはらんでいることはすでに知っている人も多いはず。

そこで、とくに女子がポケGOをする際に気をつけておきたい注意点をギズモード・ジャパン編集部へ聞いてみました。

若い女性っぽいニックネームは避ける

ポケGOの初期設定で、名前を登録する際は、本名はもちろん若い女性を想起させるニックネームは避けたほうがよいとのこと。ポケGOはGoogleのGPSを使ったゲームなので、いま自分がいる場所がばれやすくなるからです。

SNS投稿は注意が必要

ポケGOをしていて、つい楽しくなってSNSに投稿してしまう――。

これはあまりおすすめできないそう。これは「あの子、いまここにいるんだ」ということを世界に向かって発信しているのと同じ。とくにマップ画面のスクリーンショットを載せるのは避けた方がいいです。いまここでプレイしているという実況はもちろん、あとから載せる場合でも、普段の行動範囲の画面は推測されてしまいます。

危険な場所に侵入しない

ゲームのなかでチームに分かれた陣取り合戦のような要素があるのですが、そこでの履歴から「他ユーザーが近くにいる」とわかることがあるそう。

ゲームのなかだけなら問題はないですが、近くにいる怪しいユーザーから「あの人がハンドルネームの○○さんだな」と知られると厄介です。プレイ画面がまわりから見えないか、こちらを見ている変な人はいないか警戒した方がいい場合もあります。

あと、アイテムのある「ポケストップ」があるからといって、人気の少ない所に行くのも危険とのこと。特に夜とか。アメリカでは、そこで待ち伏せした集団による強盗事件もありました。ゲームに夢中になって、そういう場所に迷いこまないようにしましょう。

その他、内閣サイバーセキュリティーセンターからの注意喚起が参考になります。

あっという間に夢中になってしまうポケGO。プレイするときはくれぐれも気を付けましょう。

こちらも読まれています

・うわぁ...ポケモンGOをしてる女子が全然かわいくない

・君に決めた! 東京でポケモンゲットだぜ

[Pokémon GO]

image via Shutterstock

文/ダーシー