日本での配信がスタートした「ポケモンGO」

写真拡大

株式会社ポケモンとナイアンティック社は7月22日、スマートフォン(スマホ)アプリ「ポケモンGO」の日本での配信開始を発表した。

【写真を見る】スマートフォンの位置情報を活用し、プレイヤーの位置情報とゲーム内の位置情報が連動する

「ポケモンGO」は、スマートフォンの位置情報を活用し、現実世界そのものを舞台として、ポケモンの捕獲や交換、バトルを体験できるゲーム。プレイヤーの位置情報とゲーム内の位置情報が連動して、プレイヤーが現実世界を移動すると、ゲーム内でも同様に移動する点が特徴となっている。アメリカをはじめ、一部の海外版は既にリリースされ、高い注目を集めていた。

日本配信の際には、開発者がメッセージを発信。ナイアンティック社のCEO(最高経営責任者)を務めるジョン・ハンケ氏は、「わたしたちが創りたいゲームは、みんなが家の外に出て、もっと歩き、新しい場所へ向かい、友達と楽しむゲームです。そんなゲームで遊ぶことは、人生をより豊かに、そして世界を良い方向へ変えると信じています」とコメント。「ぜひ、ポケモンGOを遊んで、外に出て、顔をあげてまわりを見渡し、世界そのものを楽しんでください。安全に気をつけることも忘れずに!」と語った。

また、ゲームの世界観の構築、音楽、デザインで参加した開発本部長の増田純一氏も「日本のみなさん、大変長らくお待たせしました。ポケモンGOが日本で遊べるようになりました。みなさんが見ているこの世界が、いつもより豊かに新しく見えたら嬉しいです」と話している。【東京ウォーカー】