[特別対談]世界に挑む者へ…川口能活×中村航輔「世界にインパクトを与える」

写真拡大

 96年、アトランタでの世界大会でブラジルを相手に好セーブを連発したGK川口能活(SC相模原)は「マイアミの奇跡」の立役者の一人となった。その時95年生まれの中村航輔(柏レイソル)は、1歳になったばかりだった。当時の川口の姿こそ知らないものの、偉大なる先輩に憧れを抱きながら成長を続けた男は、同じく世界大会への切符を手に入れた。世界大会を経験した者から、この夏の世界大会に挑む者へ言葉を届ける――。

面構えがすごく良い(川口)

ご挨拶がまだでして…(中村)

――2人は初対面のようですね。

川口「ただ、試合では対戦したことがあります。去年は航輔が福岡で素晴らしいパフォーマンスをしていたので、『福岡の中村っていいGKだよね』と噂になっていたし、映像を見て噂になるだけのプレーをしているなと思った。去年の最終節で対戦したとき(岐阜1-4福岡)、同じピッチに立ったけど、若いのにものすごい存在感を出していたし、チームに与える影響も大きかった。観客の方々にもインパクトを与えるプレーをしていたので、本当に良いGKが出てきたなという印象を受けました」

中村「恐縮です(笑)。僕ら世代の選手にとって、能活さんは本当に憧れの存在でした。代表のゴールマウスを守っている姿を小さい頃から見ていたし、すごいシュートを何本も止めていて本当に格好良かった。チームを何度も勝たせるようなビッグセーブを見せていたので、自分もそういう選手になりたいと思っていました。だから去年の最終節で対戦したときも試合前に能活さんの姿を見て、「あの川口選手だ」と思ったのですが、あいさつをしていなくて…」

川口「あの試合は岐阜にとっては消化試合だったけど、福岡は自動昇格が懸かった大事な試合で、勝たないといけなかったから仕方ないよ。すごい形相で、ものすごい顔をしていたよね(笑)。ただ、航輔の第一印象は良い表情をしていて、面構えがすごく良い選手だなと思った」

中村「自分がどういう顔をしているのか分からないので、自覚はないですが(笑)」

川口「自信がありそう、なさそうとか、強そう、弱そうというのは顔で分かると思う。そういう意味でGKの面構えは大事。航輔はそれを備えていると思ったよ」

――プレーヤーとしての中村選手の印象はいかがでしたか。

川口「1対1の寄せ方がうまいですよね。相手がボールタッチをした瞬間を狙っているよね? タッチした瞬間に思い切ってコースを限定しているので、あの動きをされると相手FWは戸惑うし、シュートを打つ隙を与えていないと思う。航輔自身はそこがストロングポイントだと自覚しているかもしれないけど、1対1の寄せ方が非常にうまい選手だなと感じました」

中村「考えると試合中に動けなくなってしまうこともあるので、体が勝手に動くように積み重ねてきたものはあります」

川口「ただ単に思い切って飛び出すのではなく、考えてプレーしているからこそ、ああいう寄せ方ができるはずだし、ドリブルとかスルーパスのときに予測しているから素早い飛び出しができていると思うよ」

――アトランタの世界大会に川口選手が出場していた96年当時、中村選手は1歳でした。

川口「航輔とは20歳も離れているんですね(笑)。だから僕のアトランタでのプレーを生で見れるわけがない(笑)」

中村「当時、見ることは無理でしたが、映像を見てすごいことだと思っていました。1試合まるまるの映像ではなく、ハイライト映像で見たので、素晴らしいシーンばかりでしたが(笑)。それにしても、あのブラジル相手に完封ですから」

川口「当時のブラジルは最強と呼ばれていた。テストマッチから負けていなかったし、メンバーのほとんどが代表経験者。ベベットやリバウド、ロベルト・カルロスにロナウドがいて、メンバーを見て僕たちもビビっていました。でも僕たちは予選で苦しい試合を経験して、攻められれば攻められるほど、相手が強ければ強いほど燃えるタイプの選手が多かったし、チームとしての結束も強かった。対戦前は少しビビッていたけど、実際にグラウンドに入って試合が始まってからはワクワク感というか、有名な選手のシュートが自分の懐に入ってくる楽しさを感じながらプレーしていました」

――中村選手はリオでの世界大会前に親善試合でブラジルと対戦します。

中村「単純に楽しみですよね。ネイマールなどと対戦したとき、自分が相手の間合いに踏み込めるのか、踏み込んだときに相手がどう対応してくるのかはやってみないと分からない。何で彼らが強いと言われているのか、特にFWの動きは日本人選手と何が違うのかを肌で感じたいですね」

川口「ブラジルの選手だけでなく、国際レベルの選手はシュートを打つタイミング、抜け出してくるタイミング、パスのタイミング、すべてのプレーがワンランクもツーランクも上がるけど、そこで自分のプレーがどこまで通用するか、何ができるのかを感じられる楽しみもあると思う。とくに本大会では緊張感もあるだろうし、リーグ戦とは違う雰囲気になるけど、そういう中で相手攻撃を防ぐことを楽しみ、良い経験につなげてほしい」

中村「国際大会になると決定機自体が少なくなると思います。相手FWはその少ない決定機をモノにしようとしてきますが、それを自分が防がないといけない。そこのせめぎ合いを楽しみにしています」

世界に実力を示してほしい(川口)

決定機阻止が最大の仕事(中村)

――サッカー選手として、4年に一度の世界大会をどういう位置付けとして考えていましたか。

川口「僕はとにかく国際大会に出たいと思っていたし、世界を相手に戦いたいという気持ちがすごく強かった。もちろん本大会で、日本はこれだけやれるんだということを示したい気持ちもあったけど、まだ若かったので野心も強かった。チームが勝つことと同時に自分をアピールしたいと。でもGKは1人でアピールできるものではないので、ディフェンダーと連係しながら、その中で自分をうまく引き出してアピールしようという気持ちを持って本大会に臨みましたね」

中村「本大会を経験した選手からは、人生を大きく左右する大会と聞くこともあります。でも僕はまだ出場していないし、どういう大会かも分からないので、まずはそれを自分自身で感じたいですね」

川口「本大会を経験して、A代表に選ばれて、そこからA代表でも経験を積むというキャリアを歩めたけど、本大会に出場していなかったら、そういうサッカー人生ではなかったかもしれない。ブラジルを倒したことが、その後の人生に影響を与えただろうし、結果的に本大会を経験したことが大きな財産になったと思う」

――世界大会に挑むにあたって、GKとしてどのような準備が必要でしょう?

川口「当たり前のことだけど、まずは自分のコンディションを整え、精神的にも肉体的にも良い状態に持っていく。今までトレーニングでやってきたことを発揮できるかどうかは、本人の心構え次第だと思うけど、航輔は問題ないでしょ? 実際に福岡を昇格させたことが実力を物語っているから。もちろんチームメイトの助けがあって昇格できたと思うけど、航輔がチームに影響を与えたのは間違いないはずです。シュートをセーブするだけがGKの仕事ではなく、セーブにプラスしてチームに与える影響力というものはGKには絶対に必要な条件だと思う」

中村「元々、自分のプレーには自信があったし、通用すると信じていましたが、やっぱり目に見える結果が出ると自信が深まるだけでなく、まだまだやれるぞという向上心を持てるようになります。今年は柏に復帰して試合に出させてもらっていますが、試合に出るだけでなく、やはり勝たないといけない。90分を通して良いプレーができているので、このサイクルを繰り返し、結果がついてくるようになれば、さらに自信も深まると思っています」

川口「あとはプレーを続けていれば良いときも悪いときもあるので、その波を少なくするように日々トライし続けることも重要だし、GKの場合は信頼という言葉もキーワードで、大事な要素になってきます」

中村「僕もGKは実力プラス信頼だと思っています。信頼というのは、崩れるときは本当に一瞬で崩れてしまうけど、一気に積み上げられるものではなく、毎日の練習、さらに細かく言えば私生活の部分から得ていくしかありません。監督だけでなく、チームメイト、そしてポジションを争っているGKにも信頼してもらえるようにすることが、本当に大事なことですよね」

川口「それと、本大会はやはり楽しんでほしいな。その場に立ちたくても立てない選手がいる中で、メンバーに選ばれ、日本代表の一員としてその場にいることは素晴らしいこと。もちろん、選ばれたメンバー全員がプレーしたいと思うのは当然だけど、たとえベンチを温めることになっても、コンディションを保ち、ベストを尽くすことが一番求められるので、そのことをまずは考えてほしいですね」

――世界を相手に戦うときにスパイクに求めるものは?

中村「これといった大きなこだわりはありませんが、俊敏に動けることを求めています」

川口「キックを遠くに飛ばせて、軽やかに動けると助かるよね。僕が若いとき、カラーは黒に白ラインがベースだったけど、最近のスパイクはカラフルで魅力を感じます。サッカーは一つのエンターテインメントなので、そこに色が加わることで、さらに豪華さ、優雅さを引き立たせる気がする。黒いスパイクで動くよりもカラフルなスパイクな方が、躍動感もすごい感じられます」

中村「華やかなエンターテインメントになりますね」

――最後に川口選手から世界大会に挑む中村選手にエールをお願いします。

川口「世界レベルの選手と対戦して自分の実力を示すことで、『日本の中村は良いGKだ』と名前を知られることにもつながるし、インパクトを与えることがすごく大事。インパクトを与えるというのは、見ている人の記憶に残ることだと思う。『中村航輔がゴールマウスを守っていれば大丈夫』と思わせるような、プレーを見せてほしいですね」

中村「相手の決定機を止めることが最大の仕事であり、そこで仕事ができないと自分のいる意味は本当になくなってしまうので、90分の中の本当に何十秒か、もしかしたら一瞬かもしれませんが、そこにすべてを持って行けるように準備したい。90分間準備し続けるということは、Jリーグでもやっていることなので、本当にいつもどおりのプレーができるように臨みますし、インパクトを与えられるように頑張ります」

川口「航輔のような選手が日本のGKのレベルを上げてくれないと、その後が続いていかないと思う。今は周囲から認められ、その認められた中で実力を出している段階だけど、それを日本国内でとどめるのではなく、アジア、そして世界に示してほしい。将来的にA代表でポジションを争う存在になってほしいので、世界大会を経験してさらに成長してほしいと思っています」

(取材・文 折戸岳彦)