『大人のファッション講座』今夏人気のレースアイテムの着こなし

写真拡大

パーソナルスタイリストの高橋 愛です。

シンプルな洋服を中心に、ちょっとしたコツでおしゃれに見せるヒントをお伝え出来たらと思っています。

おしゃれをする事で、ちょっと普段の生活がより楽しいものになりますよね♪

そんなお手伝いが出来たら嬉しいです☆

­

レースアイテムはよく相談を受けるアイテムの1つです。

「レースを取り入れると逆に老けて見えてしまう」

「年齢とのギャップがある」

こんな声をよく聞きます。

­

昔は違和感なく着られたのに、年齢と共に「アレ……?」と思う方も少なくないのでは?

レースアイテムの選び方も年齢と共に変えていくのが理想的です。

そして着こなし方もアップデートしてみると、昔より似合う!レースを使ったコーディネートになると思いますよ☆

­

レースを使って大人っぽくする時にワンピースやスカートだと少しテクニックもいるので、今回は取り入れやすいパンツスタイルでの提案を3つしていきます♪
デニムで着崩し、甘さを抑える


レースと相性がいいのがデニム素材。

デニム素材は、レースの甘さを抑えたい時に真っ先に思いつくアイテムですよね☆

デニム+レースで合わせる時に、よく見る失敗例はナチュラル系にまとめてしまうことです。

ナチュラル系に転ぶと、合わせ方によって疲れた感じにも見えてしまいがち…。

­

そこで失敗しないポイントとして、足もとや小物で少しキリッとしたテイストを加えてあげることを提案します☆

“キリッと感”を足してみると、失敗しないデニム+レースコーデになります☆
きれい目アイテムを合わせてみる


先ほどのボトムと雰囲気をガラッと変えて、センタープレスのきれい目パンツを合わせてみました。

センタープレスのパンツは元々きれい目アイテムなので、レースアイテムを大人っぽくまとめてくれます。

テクニックいらずに大人のレースコーデが出来るので、チャレンジしやすいコーディネートです☆

ここではヒールを合わせましたが、パンツがきれい目アイテムなので足元をぺたんこにしても合わせやすいコーディネートになります。
それでも抵抗ある時は顔から離して


上の2つはトップスがレースのコーディネートの提案でしたが、レースアイテムを取り入れたいけどやっぱり難易度が高い……という場合は、トップスではなくボトムスで取り入れる事をオススメします。

­

顔から遠い所に持ってくると、抵抗なく取り入れる事が出来ます☆

­

また使う色を最小限にすると、失敗のない大人のレースコーディネートに。

アクセサリーはここではシンプルなパールネックレスを使いましたが、使うアクセサリーも大人っぽいものをチョイスすると、きれいにまとまるのでオススメです☆

­

レースアイテムを取り入れる時は、「全部を可愛いテイストにしないこと」「キリっとしたアイテムと組み合わせること」がポイントですよ。

上手に取り入れて、大人ならではのレースコーデを楽しんでみて下さいね♪

­

お読み頂き有難うございました。

ではまた☆

­

<プロフィール>

高橋愛

パーソナルスタイリスト。服飾大学卒業後、10年間アパレル業に携わる。結婚、出産を経て『自分らしく輝いて活動できる女性を増やしたい』との思いでパーソナルスタイリストとして独立。shopのバイヤーとしても活動中。

blog:http://ameblo.jp/real-clothes-ai/   

shop:http://realclothes.buyshop.jp

朝時間.jpにてファッションコラムを連載中 

https://asajikan.jp/beauty/fashion_cordinate/