スイス高級腕時計ブランド、ジャケ・ドローは、ブランドベストセラーモデル『グラン・セコンド オフセンター』を待望のステンレススティールケースにて発表。日本における販売を開始した。

グラン・セコンド オフセンター

驚くほど端正な装いを纏う『グラン・セコンド オフセンター オニキス』は、ジャケ・ドローの歴史に深く根差しており、スタイリッシュかつ現代的で奥深いブラックの文字盤を採用。このクリエイティブなデザインは、啓蒙思想の時代といわれている18世紀に、時計製造の概念を一新したピエール・ジャケ・ドローにより開発された、「グラン・セコンド」に由来している。6時位置のオフセンターに配置した極細針を持つ秒表示サブダイアルを含む、重なり合う2つのインダイアルを考案したピエール・ジャケ・ドローは、新型の機構に加え、一瞬一瞬の時間をかけがえのない「時」に演出する斬新なコンセプトを生み出した。2つの円で描かれた、調和と完全を象徴する数字の「8」はブランドのシンボル(象徴)となっている。

すでにジャケ・ドローの職人は、この象徴的な美しさに対し、秒表示サブダイアルをわずかに7時位置にずらして巧みな《ひねり》を加えていた。そして2016年、直径43mmのステンレススティールケースを初めて採用して、黒の魅力を昇華させたこの新作バージョンで、さらなる進化を遂げる。常に職人から高い評価を得てきたこの類稀な色調は、『グラン・セコンド オフセンター』で新たな世界への扉を開く。

このモデルは、ジャケ・ドロー独自の天然石の文字盤を継承しており、丁寧に切り抜き、磨きが施されたオニキスのディスクで文字盤を彩っている。その力強く奥深い黒は、作家がペン先を浸すインク壺や、オートクチュールのファッションデザイナーが裁断して洋服を作るシルクサテンに宿る神秘的な雰囲気を漂わせている。

手首の動きに応じて、液体のように滑らかな光沢が完璧に均質な表面に活気を与える。ジャケ・ドローの職人は、名高い数字の「8」を描く時分表示および秒表示サブダイアルを構成する2つの18Kホワイトゴールドリングに直接刻まれた、控え目で優雅なインデックスによって、この陶酔を誘う揺らめく艶を際立たせている。鏡のようなメタルの輝きは、オニキスのディスクを漂う光のウェーブとコントラストを成す一方で、立体的なメタルリングとベゼルの繊細さを浮かび上がらせている。

4時位置に配置した巻き上げリューズは、アリゲーターストラップを採用したシルバーオパーリンダイアルバージョンと同様、この新しいアイコン(モデル)にダイナミックなアクセントを添えている。ジャケ・ドローの『グラン・セコンド オフセンター オニキス』の詩情を漂わせる「時」は、職人の創作欲を刺激する、漆黒の闇で輝く光の神秘に包まれている。

グラン・セコンド オフセンター オニキス
126万3600円(税込み)

グラン・セコンド オフセンター

グラン・セコンド オフセンター シルバー
108万円(税込み)

グラン・セコンド オフセンター

『グラン・セコンド オフセンター』2モデルの日本入荷開始を記念して、東京・ジャケ・ドロー 銀座ブティックにて、「グラン・セコンド オフセンター デビュー フェア」が7月24日まで開催される。
開催期間:2016年7月14日〜24日
開催場所:ジャケ・ドロー ブティック銀座
中央区銀座7-9-18 ニコラス・G・ハイエック センター 4階
営業時間:11:00〜20:00(月曜日〜土曜日)、11:00〜19:00(日曜・祝日)
定休日:不定休
http://www.jaquet-droz.com

文/編集部