なぜいま? 任天堂「NES Classic Edition」、トレーラー動画も公開

写真拡大

米・任天堂(Nintendo of America)は今月、欧米版のファミコン「NES」をそのまま小さくしたような新型ゲーム機、「NES Classic Edition」を発表した。すでに他社が参入しているレトロゲーム市場に、任天堂はなぜこのタイミングで加わるのか。

「なぜいま? 任天堂「NES Classic Edition」、トレーラー動画も公開」の写真・リンク付きの記事はこちら

懐かしいあのころのことを思い出してほしい。ブラウン管テレビにつないだNintendo Entertainment System(編註:欧米版のスーパーファミコン)、ラジオ周波数を使った不安定な接続、そして本物の胸の高鳴り。任天堂は、あなたがあのころを思い出してくれることを願っている。そして、あの感覚を、59.99ドルで再び手に入れて欲しいと思っている。

今年の11月11日、任天堂は再びあの名を冠した「Nintendo Entertainment System: NES Classic Edition」を発売する予定だ。これは小さなゲーム機で、最高の8ビットゲームが30本収められている。コントローラーを差し込んで(追加コントローラーは10ドルで別売)、HDMI端子を使って薄型スクリーンにつないだら、そこはもうあなたの子ども時代。正真正銘の、なつかしき至福のひとときだ。

成功は保証済み

任天堂がこのパーティに加わるのは遅かった。「Atari Flashback」のような、接続すればすぐに使えるレトロゲーム機が2003年から出回っていたにもかかわらず、任天堂は今年になるまで、このノスタルジアのプールに飛び込むのを待っていた。

しかし、これまでのところ任天堂のやり方は正しいようだ。任天堂は、「マリオ」や「ゼルダの伝説」、「パンチアウト!!」といった自社のヒット作だけでなく、「NINJA GAIDEN」から「ロックマン2 Dr.ワイリーの謎」、「テクモボウル」、初代の「ファイナルファンタジー」まで、他社製の名作も含むパッケージを制作した。オリジナルのゲームであなたが好きだったところは、全部盛り込まれている。しかも、改良されているのだ。例えば、初代ではゲームをセーブできなかった場所で、セーブができるようになっている。

任天堂の“小さなコンソール”計画は、理論上かなり強固なものだ。任天堂の考え方は正しい。この製品の発売は、眼を見張るような成功になりそうである。

類似製品であり、現在6代目が発売されているAtari Flashbackは、数百万セットを売り上げ、この製品の供給元企業は、同シリーズを「コレコビジョン」、「インテレビジョン」、「メガドライブ」の小型版にも拡大した。このように、コンセプト成功の裏付けはとれている。そしていま、上記の製品の何倍も人気があった(そして、いまだに人気がある)コンソール、NES Classic Editionがこの戦いに参入しようとしているのだ。

NES_Classic_2-1-1024x768

古いゲームの根強い人気

加えて、古い任天堂のゲームは、間違いなく、新しい任天堂のゲームより人気がある。

NESのゲームカセットの値段はうなぎ上りだ。コレクターだけが気にする希少価値で考えると、「ファミリートレーナー ランニングスタジアム」は8,000ドルか、それ以上するが、そんなことは忘れていい。「スーパーマリオブラザーズ3」のオリジナル版が、最近ではいくらで売られているのか見たことがあるだろうか? この作品は20ドルから30ドルで売られているのだが、これは、市場に出回ったカセットの数がどれほど多かったかを考えれば、非常に高額だ。

価格を上昇させているのは、何も、オリジナル版で遊びながら育った大人たちだけではない。最近わたしたちは、クラシックゲームショーでNES向けの「グーニーズ2 フラッテリー最後の挑戦」を買う人たちを目にした。彼らの9歳の子どもが、このゲームをYouTubeで見たからだそうだ。

消費者が本当にいる場所へ

NES Classic Editionの潜在的な市場は、世代や性別を越えて大きく開かれている。この市場は、任天堂が突然飛ばしたあの新たな大ヒット作、「Pokemon Go」の市場に似ているようだ。モバイルゲーム界への進出でもそうだったように、任天堂はこの小型ノスタルジアゲーム機の市場に飛び込む際に、たっぷりと時間をかけた。

これはもしかすると、任天堂が自社の8ビットゲームの名作を、ほかの主流ゲーム機の追加コンテンツとして使いたかったからなのかもしれない。ただ、全世界でわずか80,000台という、今年の「Wii U」販売数の惨めな試算で、任天堂は真実を知った。いま同社は、消費者が本当にいる場所、つまりスマートフォンへと向かっている。そして、60ドルのアイテムを衝動買いさせているのだ。

品薄になりがちな任天堂が、今回の需要を正確に予測できるのかという疑問は残る。それとも、これもまた「amiibo」と同じ状況になるのか?

もしあなたがNESで遊んでいた子ども時代の休日を、死ぬほど追体験したいのなら、安全を期すためにもできるだけ早く1台買っておいたほうがいいかもしれない。