出典:「MISS KOREA」公式サイトより

写真拡大

『2016ミスコリア選抜大会』が今月上旬、ソウルで行われ、ファイナリスト34人が美を競った。

 圧倒的な美貌と見事なスタイルでグランプリを獲得したのは22歳のキム・ジンソルさん。だが、東スポの取材によると、ネット上で公開された当大会の出場者リストを見た世界中の人たちからは大きなタメ息が漏れて、「姉妹が出ているのか?」「一人が何回も応募しているのか?」……などの“がっかりコメント”ばかりが書き込まれているらしい。そう。美容整形大国の韓国においてミスコン出場者に“整形美人”がいるのは珍しくこそないものの、あまりにファイナリストの誰もが“同じ顔すぎる”のだ。

 韓国事情に詳しい文筆人の但馬オサム氏は、東スポ紙面上でこう語る。

「韓国人の“美の基準”というのは、ものすごく狭いのです。ひとつの美の型が決まると、皆それに合わせて作る(整形する)のが韓国の感覚です。私は“韓国式たい焼き美人”と呼んでいます。たい焼きのように同じ顔が量産されるということです。“ミスコンで同じ顔ばかり”ということは、つまり“美の理想型に近い”ということで、むしろ“褒め言葉”になるんです」

 いまだ美容整形には“後ろめたさ”がつきまとう日本人からすれば、にわかに信じがたい感性であるが、以下のように韓国では、美容整形が日常生活にも当然のごとく根付いているのだという。

・親が誕生日プレゼントとして美容整形を娘に受けさせる

・美容整形を受けられるのは「ある程度裕福な家庭」の証で、いわば「中流(以上)のステイタス」。極論すれば「不美人=貧乏人」という定理が導き出される

・海外観光客に対する「せっかく韓国に来たんだから整形していきなさい」発言は、「せっかく東京に来たんだから浅草や原宿に行ってみなさい」と同じ感覚(=素朴な親切心)

 さて。私は昨日、ここcitrusで「今(日本では)塩顔女子がアツい!」なんてことを書いたばかりで、仮に私が秋元康クラスのトレンド発信力の持ち主だったとして、そんな私が韓国を中心に活動しているクリエイターであるとすれば……一年後くらいの韓国は塩顔女子ばっかになるって理屈になるが、皆さんもご承知のとおり、美容整形というのは「小さいパーツを大きくする」のは比較的簡単だが、「大きいパーツを小さくする」のは案外むずかしい。すなわち、目は一重や奥二重で、鼻や口などのパーツも小ぶりで控えめな「塩顔女子」は、美容整形界にとって“天敵”に値する顔立ちなわけで、少なくとも韓国では「絶対ブームになり得ない」のである。

 元来のナチュラルな素材を活かしながら、よりいっそうの洗練を志す「塩顔女子」と、果てしなく遠くに設定された絶対的な理想美に向かって、わき目もふらずひた走る「たい焼き女子」、どっちの“結果”と“思想”をタイプとするかはモチロン個人の自由であるが、いくらお隣同士の国とはいえ国ごとの美意識の差が広がることにより、その国民性がせめてイギリス人とフランス人くらい、共に際立っていくのは決して悪い傾向じゃないと私は思っている。

文=citrus山田ゴメス