女子バレーボールシューズの変遷を説明するミズノの芹澤さん

写真拡大

■高温の炎の色に

スポーツには物語がある。用具にもまた、物語が紡がれる。リオデジャネイロ五輪で金メダルを目指す全日本女子バレーボールチームのシューズとユニフォームがことし、ブルーに変わった。なぜ。愛称「火の鳥NIPPON」のストーリーから、炎がもっとも高温になったときの色が青だから、なのである。

「大きな変革を起こしたい」。女子日本代表がロンドン五輪で銅メダルを獲得した翌年の2013年春、日本バレーボール協会のオフィシャルサプライヤーのスポーツ用品メーカー「ミズノ」のバレーボール担当、グローバルフットウエアプロダクト本部企画デザイン部の芹澤剛さんはそう考え、女子日本代表の眞鍋政義監督と会った。姫路市のホテルのロビーの片隅。新シューズのサンプルとプレゼン資料を持って。

「ほぼアポなしの直談判でした。バレーは人気があるようで、まだまだ実績に比べ、認知度が低かった。もっと盛り上がるお手伝いをしたいと思ったのです。“一般の人にインパクトを与えるため、それまで白ベースだった全日本のシューズのカラーを全部変えましょう”、そうご提案させてもらいました」

眞鍋監督の顔色がパッと明るくなって、「ぜひ、やろう」と乗ってきた。監督自身、挑戦意欲のかたまりのような人である。しかも人気アップをいつも、考えている。そのとき、芹澤さんが提示した赤色のサンプルシューズに眞鍋監督は何度もうなずいた。

赤色は、火の鳥の炎にちなんだ赤だった。加えて、芹澤さんが説明する。

「最初の提案でしたので、受け入れてもらいやすいよう、日本チームがずっとユニフォームに使ってきた“日の丸カラー”の赤色とさせてもらったのです。いきなり、オレンジや黄緑だと……。火の鳥の赤、日の丸の赤なら、わかりやすいのではないかと」

もちろん、ミズノの企画プランにはビジネスの側面もあった。ロンドン五輪の銅メダルに沸いた2012年度、「シューズの売り上げにはまったくといっていいほど影響は出ていなかった」という。サッカーなどと比べると、足元はテレビに映りにくい。露出されないと、視聴者(消費者)は気がつかない。ならば、目立つようにカラフルにするしかない、と芹澤さんは考えた。

■炎色がステップアップ!

高校時代、化学が好きだった41歳の芹澤さんは、炎色反応をおぼえていた。燃焼温度が上がっていくと、赤色からオレンジ色、黄色と変化し、「最後はガスバーナーの炎みたいな青色」になる、と。2014年からの3年計画で、リオ五輪の勝負の年を「青色」としたら、その前の15年度が「オレンジ色」、14年度は「赤色」と想定した。その企画はミズノ社内の了承も得た。

当然ながら、シューズの性能も同時に進化させている。研究、開発は怠りない。ミズノは動きやすさをとことん追求し、「軽さ」と「スピード(動きやすさ)」にこだわってきた。重量は、例えば、エース木村沙織のシューズは片足分、単行本ぐらいの約290gである。さらに動き出しのスピードを上げるため、靴底の構造として、「前足の内側に体重がいきやすいよう」工夫されている。

さらにはクッション性や安定性を考慮することで、ポジションごと対応できるよう、3つの種類のシューズをつくった。ウイングスパイカー(WS)の木村は「WAVE LIGHTNING」、ミドルブロッカー(MB)の荒木絵里香は「WAVE TORNADO」といった具合である。

ワールドグランドチャンピオンズカップが開催された2013年度、世界選手権開催の2014年度、赤白のユニフォーム、赤いシューズで女子日本代表は戦った。「シューズを赤色に変えて、売り上げが爆発的に伸びた」と芹澤さんは振り返る。ワールドカップ開催の2015年度が「オレンジ色」のシューズとなり、ことし5月のリオ五輪最終予選は「ブルー」のユニフォームとシューズで戦った。リオ五輪本番も両方、ブルーで挑む。

■売り上げも絶好調に

ミズノによると、バレーボールのシューズ売り上げは、2012年度の約9億3000万円から、13年度が約11億円、14年度は約11億5000万円、15年度は約13億5000万円と順調に伸びている。「推計値ながら、バレーボールのシューズのトップシェアは確保したとみています」と芹澤さんは言うのだった。

ところで、カラーストーリーに関し、選手の評判はどうだったのだろう。きっと色の好き嫌いはあるはずだ。それまではほとんど白色のシューズから、まずは赤色シューズとなった。木村からは「この濃い赤は嫌いです」と言われたそうだ。でもカラーストーリーを理解してもらった。芹澤さんが述懐する。

「ストレートにいうと、(選手には)賛否両論がありました。眞鍋監督から各選手に(パフォーマンス、機能性として)“合わないものを無理やり使わせるのはやめてくれ”と言われていたので、選手としっかり対話をして、納得したものを提供するよう心掛けてきました。性能も同じです。プレースタイルだけでなく、ケガの経験も調べたりして、性能をどんどん上げて、それぞれ構造が微妙に違うシューズを提供させてもらっています」

じつはリオ五輪で履くシューズには、かかととベロ(足の甲部分の内側につく泥除け)には金色の「ミズノランバードロゴ」(走っている鳥のデザイン)が付いている。その願いは? と聞けば、芹澤さんは気恥ずかしそうに少し笑い、こう答えた。

「このシューズの“火の鳥ストーリー”を金色のメダルで締めてほしいのです」

さて勝利を導くカラーストーリーとなるのか。裏方のメーカーは、リオ五輪でハッピーエンドの物語を想定している。

----------

松瀬 学(まつせ・まなぶ)●ノンフィクションライター。1960年、長崎県生まれ。早稲田大学ではラグビー部に所属。83年、同大卒業後、共同通信社に入社。運動部記者として、プロ野球、大相撲、オリンピックなどの取材を担当。96年から4年間はニューヨーク勤務。02年に同社退社後、ノンフィクション作家に。日本文藝家協会会員。著書に『汚れた金メダル』(文藝春秋)、『なぜ東京五輪招致は成功したのか?』(扶桑社新書)、『一流コーチのコトバ』(プレジデント社)、『新・スクラム』(東邦出版)など多数。2015年4月より、早稲田大学大学院修士課程に在学中。

----------

(松瀬 学=文)