家族の好みを覚えるスマートなオーブン

写真拡大

シャープは、ウォーターオーブン「ヘルシオ AX-XW300」を2016年7月25日から順次発売する。

新開発のクラウドサービス「COCORO KITCHEN」と連携し、 "献立選び"の悩みを解決する。無線LANモジュールと音声認識機能を備え、「今晩、何作ろう?」や「冷蔵庫に豚肉と卵があるけど何か作れる?」などと相談すると、AI(人工知能)が季節や天気、調理履歴などを考慮し、クラウド上の豊富なメニューから提案。スマートフォンと連携し、外出先でも献立決めを手伝ってくれる。

AIは対話を通じ、家族の好みのジャンルなどを自動的に学習していくため、使えば使うほど、その家族に合った「ヘルシオ」に成長していくという。

庫内上段でおかずを作りながら下段で炒飯など2段調理が可能なほか、冷凍、冷蔵、常温が混在した食材や分量の多少に関係なく自動調理できる「まかせて調理」を搭載。4.3型タッチ対応カラー液晶を装備。

角皿×2枚、調理網×2、ミトン1組、クックブックなどが付属する。カラーはレッド系、ホワイト系の2色。

価格はオープン。