票読み最新版! 東京都知事の椅子に最も近い候補者は誰か?

写真拡大

■東京都知事選、有力候補の基礎票の読み方

7月14日に告示された東京都知事選。14兆円近くの予算(一般会計、特別会計、公営企業会計を含む)を握り、約16万人の公務員を従える東京都知事に誰が選ばれるのかは、もはや全国の関心の的になっている。そこで誰が何票取るのか、どういう支持層がどんな候補を支援しているのかについて読み説いてみよう。

まずは自公の推薦候補の増田寛也氏。岩手県知事や総務相を歴任したが、知名度では小池百合子元環境相やジャ―ナリストの鳥越俊太郎氏に及ばない。よって必然的に基礎票頼みになる。

この中で重要なのは公明票だ。直近の参院選によれば、公明党公認候補の竹谷とし子氏は77万535票を獲得。3年前の参院選では山口那津男同党代表が79万7811票を獲得している。よって東京都における公明票は、約80万と見ることができる。

だがこれは公明党が公認候補を全力で応援した結果であって、推薦候補の場合はいささか異なる。一般的に公明党の推薦候補に対する票は「50万票」と見込まれる。

ではこの度の東京都知事選で、公明党から50万票入るのかというと、そういうわけではない。個別の選挙事情を加味しなくてはいけない。

とりわけ今回の知事選が参院選の直後に行われることに意味がある。参院選では公明党は選挙区7議席、比例区で7議席を獲得。目標の13議席を上回り、まさに「大勝利」を収めたわけだが、その背景に実は危機があった。

参院選の投票日である7月10日、公明党関係者は戦慄した。兵庫と神奈川と埼玉の3選挙区で擁立した候補が伸びていなかったのだ。

24年ぶりの独自候補擁立となる兵庫、かねてから激戦が伝えられてきた埼玉はともかく、定数4の神奈川での劣勢は予想もしなかった。事前の情勢調査では、三浦信祐候補は常に上位を維持していたからだ。もっとも公明票は期日前投票が多いので、ここから上積みされるのだが、だからといって油断はできない。

ただちに公明党は「秘策」を講じた。落選の危機が伝えられていた埼玉選挙区だったが、そのおかげで公明党の西田実仁氏が64万2597票を獲得して当選。公明党が同選挙区で獲得した票としては最多を記録した。西田氏と3議席目を争っていたのは宿敵・共産党の伊藤岳氏だったため、その勝利はとりわけ嬉しいものだったに違いない。こうして公明党は兵庫、神奈川も含めた3選挙区で勝利することができたのである。

■参院選で公明党が菅官房長官に感謝した理由

その4日後の7月14日の知事選告示日。千代田区隼町にある増田氏の選対事務所には、党本部や東京都連、そして公明党の議員や関係者が集まった。

「埼玉、神奈川、兵庫で菅義偉官房長官にご協力いただき、有難うございました」

この時、公明党から自民党へ感謝の意が伝えられている。増田氏が獲得する公明票は、推薦候補への50万票からさらに上積みされると見込まれる。要は、貸し借りである。

一方で自民票はどのくらいあるのか。

「100万票以上を求められた丸川珠代氏が、組織頼みの武見敬三氏の票を喰った」と言われる2013年の参院選では、最下位当選を果たした武見氏の獲得票数は61万2388票だった。また「自民党の票を総動員した」と言われた中川雅治氏が今回の参院選で得たのは88万4823票。一般的にその間と考えられる。

よって公明党の推薦があれば、自民党候補は130万を得ることができると思われる。

その一方で野党共闘の票は、共産党が60万票、民進党が50万票、生活の党系などその他の票が40万票と見ることができる。これに宇都宮健児氏の出馬断念がどのように影響を与えるのか。

宇都宮氏は2012年と2014年の都知事選に出馬し、それぞれ96万8960票、98万2594票を獲得したが、これには共産党や社民党、緑の党などの票が含まれていた。よって、こうした政党票を除くと、宇都宮氏の個人票は10万前後と見られるが、これが鳥越氏に上積みされるかが課題になる。鳥越陣営は宇都宮氏に「政策ブレーン」の就任を要請しているが、宇都宮氏は今のところ応じていない。

■組織票持たぬはずの小池氏のポスターだけが……

最後に小池氏になるが、大きな固定票を持っていないことが弱みだ。しかし奇妙なことが発生した。14日の告示日の多くの公営掲示板に、小池氏のポスターだけが貼られていたのだ。

11日夕方に出馬を決意し、12日に会見した鳥越氏はともかく、自民党と公明党がサポートする増田陣営の準備は十分だったはずだ。実際に「告示日2日前にポスターが各国会議員の事務所に届いていた」(都内自民党議員の秘書)とのことで、区議会が開催されて多忙な港区以外では、ポスターは貼られていて当たり前だった。

もちろん小池氏にも、かがやけTokyoなどから応援がある。しかしかがやけTokyoに所属する都議は3人で、けっして都内全域をカバーできるわけではない。では誰が小池氏を支援しているのか。

「締め付けの厳しい自民党東京都連に反発した人たちが、小池氏の支持にまわった」と言われている。11日に石原伸晃都連会長以下3名の名前で各支部長等に出された「都知事選挙における党紀の保持について」の書面があまりにも厳しく、これで小池氏に同情が集まったのだ。池袋で行われた「第一声」こそ、3陣営の中で集まりが最も悪かったが、街宣の都度、集まる人は徐々に増えている。

だが現在のところ、有力とされる3候補でさえ、当選ラインとされる200万票を確保していない。 

そこで、今後の選挙の展開が注目される。76歳の鳥越氏は1日にこなす街宣の数が最も少なく、17日の「新報道2001 」(フジテレビの)への出演も辞退したため、候補者同士の政策議論の機会が1つ失われた。しかし19日の「バイキング」(フジテレビ)では主要候補が3人揃い、鳥越氏は小池氏が街宣で述べた「病みあがり発言」を執拗に追及している。

さらに21日に発売された週刊文春は、鳥越氏が過去に女子大生とトラブルがあったことを報道。週刊新潮や週刊朝日も同氏のスキャンダルを報じている。

とはいえ、いまの段階ではどの候補も突出しているわけではない。小池氏は街宣で人を集めるが、2週目に入って疲れた様子も見え始めた。情勢調査では2人を追いかける増田陣営は、「これから挽回しなくては」とねじをまいている。

都知事選まであと1週間。首都東京に戦いの火花が飛び散っている。

(ジャーナリスト 安積明子=文)