写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイが展開する"大人が装着できる変身ベルト"「COMPLETE SELECTION MODIFICATION(CSM)」シリーズより、「仮面ライダー555 COMPLETE SELECTION MODIFICATION FAIZ AXEL(CSMファイズアクセル)」の予約受付が、プレミアムバンダイにて7月22日11時からスタートする。2017年2月発送予定で、価格は6,999円(税込)。

「COMPLETE SELECTION MODIFICATION」は、"大人が装着できる変身ベルト"として人気を博した「COMPLETE SELECTION」から派生したシリーズで、従来の商品をMODIFY=モディファイすることで、バリューとリーズナブルな価格を両立。これまでに、『仮面ライダーW』の「ダブルドライバー」「アクセルドライバー」「ファングメモリ」「ロストドライバー」、『仮面ライダーカブト』から「カブトゼクター」「ガタックゼクター」「ハイパーゼクター」、『仮面ライダーディケイド』から「ディケイドライバー」と「ディエンドライバー&ディエンドベルト」、そして『仮面ライダー555』からは「ファイズギア」が発表されている。

「ファイズアクセル」は、2003年より放送開始された特撮ドラマ『仮面ライダー555』に登場した腕時計型の変身ツール。「CSMファイズアクセル」は「ファイズアクセル」と「アクセルメモリー」がセットになっており、「ファイズアクセル」にはアクセルモード発動音のほか、フォームチェンジ時に流れていたBGMも搭載。ハイスペックスピーカーで高音質な音声を楽しむことができる。スイッチを押すと、「Start Up」の電子音声ののち、劇中同様の超加速モードとなるアクセルモードの発動時カウントダウン演出が鳴り響く。造形は、『仮面ライダー555』の造形担当をしていた「レインボー造型企画」完全協力のもと製作。

さらに「アクセルメモリー」を「ファイズフォン」に装着すると「コンプリート」のサウンドが発動し、バックルサイドの赤いバーが発光。また、取り外す際は「リフォメーション」のサウンドが発動するなど、別売りの変身ベルト「CSMファイズドライバー」や変身ツールセット「CSMファイズギア」と連動して遊べる機能を搭載している。

(C)石森プロ・東映