「地図にない場所」を探して──ライゾマティクス齋藤精一と見つめた東京の水辺

写真拡大

普段、何気なく過ごしている都市の景色も、ちょっと角度を変えれば、思いも寄らない姿が見えてきたりする。例えば、ボートに乗って河川敷から眺めてみるのはどうだろう? 「CREATIVE HACK AWARD 2016」のテーマ「日常をハック」のヒントを探るため、審査員の齋藤精一(ライゾマティクス)とともに、東京湾岸クルーズに繰り出してみた。

SLIDE SHOW 「「地図にない場所」を探して──ライゾマティクス齋藤精一と見つめた東京の水辺」の写真・リンク付きの記事はこちら
16-07-13_wired_0017

2/25

16-07-13_wired_0094

3/25

16-07-13_wired_0026

4/25

16-07-13_wired_0099

5/25

16-07-13_wired_0080

6/25

16-07-13_wired_0105

7/25

16-07-13_wired_0108

8/25

16-07-13_wired_0149

9/25

16-07-13_wired_0155

10/25

16-07-13_wired_0194

11/25

16-07-13_wired_0158

12/25

16-07-13_wired_0509

13/25

16-07-13_wired_0192

14/25

16-07-13_wired_0236

15/25

16-07-13_wired_0373

16/25

16-07-13_wired_0262

17/25

16-07-13_wired_0282

18/25

16-07-13_wired_0374

19/25

16-07-13_wired_0599

20/25

16-07-13_wired_0586

21/25

16-07-13_wired_0489

22/25

16-07-13_wired_0648

23/25

16-07-13_wired_0435

24/25

16-07-13_wired_0805

25/25

Prev Next

INFORMATION

作品の応募受付、開始! 受賞者には豪華な賞品も

2013年から『WIRED』日本版が開催しているアワード「CREATIVE HACK AWARD」。受賞者のなかから、クリエイティヴシーンで活躍する逸材も生まれている本アワードが、今年も作品の募集を開始。「日常をハックせよ!」をテーマに、あらゆる領域における「新たなクリエイティヴ」を受け付けています(応募締め切りは16年9月30日)。好評を博している「オープンセミナー」は、第3回が8月に開催予定。

梅雨明け間近の東京。人通りの少ない勝どきの裏通りにあるマリーナ「KACHIDOKI MARINA(勝どきマリーナ)」へとやってきたライゾマティクスの齋藤精一。小さなカフェのようなマリーナの奥には、隅田川と豊洲運河を結んだ小さな水路が見える。

水路に浮かんでいたのは、ヤマハの「FR23」。全長7メートル、8人乗りのボートだ。マリーナへ入ってから船に乗り込むまで、50歩とかからない。日常の光景から少し踏み込むだけで、見えなかった都市の裏側へ抜ける。東京にこんな場所があることを、どれだけの人が知っているのだろうか?

「かつて、浅草橋にギャラリー兼アトリエのような拠点を構えていたとき、神田川から日本橋川までを水上から撮影したことがあるんです。その後、ご近所だった屋形船の船宿と仲良くなる機会があって、貸切にした屋形船の周囲をライトで光る風船で取り囲むというインスタレーションを展開しました。あまりにピカピカ光るものだから、何事かと思った警備の方に怒られてしまいましたが」

そのとき、川辺からのぞく東京がまるで違った街のように見えたという。

16.07.13_wired_0001

1935年に開設し、日本の漁業を支える最大卸売市場として栄えた築地市場。今年、約80年の歴史に幕を閉じる。

「干潮時を狙って、橋の下すれすれで通り抜けたりしました。川にいると、街の音が全然聞こえなくて静かなんですよ。都市は見る角度でいろいろ変わってくるんだなって」

勝どきマリーナを出航すると、すぐ目の前に築地市場が見えた。陸上から見る市場とは違う、裏側から見る市場の姿だ。

「築地の魚は陸上輸送が中心でしょうが、こうして見ると船を着けられる場所もあるんですね。これは知らなかった」

築地の場内市場はあと3カ月で閉場する。その築地市場には、すでに環状2号線の橋が架かっていた。市場の移転を終えると、道路の延伸工事がただちに始まる。2020年のオリンピック・パラリンピックでは、晴海の選手村と各競技会場を結ぶルートとして活用されるという。その先には、11月7日に開場する豊洲の新市場の姿がすでに立ち上がっていた。描かれた大きな青写真にしたがい、東京の改造が着々と進んでいる。

16.07.13_wired_0163

有明を起点に、豊洲、現・築地市場、新橋を抜けて、虎ノ門までつながる通称「マッカーサー通り」(正式名は「新虎ノ門通り」)。

「先日取材でリオのコロンビア大学時代の同級生チームと長いこと話をしました。まさにオリンピック開催前の怒濤の建設ラッシュを写真やインタヴューで知ることができたのですが、公約だった地下鉄開通は間に合うのかな…。他国のオリンピックや万博などと比べると、どんなときもスケジュール通り、キッチリ工事を間に合わせる日本の土木建設の技能はものすごいなあと感心します。ただ、こうやって船から眺めていると、これだけ建物で埋め尽くされた東京にも、水上はぽっかり空いているものなんですね。こんなに手付かずの場所があるのはもったいない」

東京は、実は水に囲まれている都市だ。それが船からの視点ではよく分かる。

「最近、ぼくらの周辺でも水辺の利用に関する話が多いんです。法改正なども含めて、ここを開いていったら東京は変わると思いますよ」

東京湾には、ところどころ緑に覆われた小島がある。その多くに「上陸禁止」の立て看板が見られた。

「ここに上がってBBQをできるだけで、風景がだいぶ変わるでしょうね。以前に『水上フェス』というアイデアを練ったことがあるんですよ。水の上でやるライヴを、観客が浮き輪で泳いで音楽を聴くっていうイヴェント(笑)。それで、実際にどこまで可能か調べてみたんですが、浮き輪の右舷に緑、左舷に赤の航行光を点ける必要があると言われました。その条件を満たせばできる!と喜んだものの、そのときは無謀すぎて実現しなかったんですけどね。いまならもう一度やってみたいですね」

16.07.13_wired_0142

築地市場の老朽化に伴い、長きにわたる移転計画を経て、ついに今秋開設する豊洲市場。東京の新たなハブを目指す。

オリンピック・パラリンピック会場の1つに予定されている、有明テニスの森公園の水路をボートが進んでいく。

「どこもかしこも立ち入り禁止でもったいないなぁ。カフェテラスなんかをつくってうまくデザインすれば、セーヌ川のようになる気がします」

右側航行の原則を守り、浅瀬にさえ気をつければ、東京湾は比較的自由に航行できる。平日ということもあり、すれ違う他のボートはほとんど現れなかった。

「東京はこれだけ水に囲まれていても、水上交通は発達していないし、水辺を感じることが圧倒的に少ないです。水上フェスに続くアイデアは、『水上に住む』かな。フランスやベルギー、デンマークとかには豪華クルーザーで暮らす人がいるじゃないですか。東京にいてもおかしくないでしょう、Wi-Fiも入るんだし」

ボートは京浜運河から天王洲へと舵を切った。川沿いの建物が途端に増える。

「天王洲は寺田倉庫が水辺を親しみやすくしようと盛り上げているエリアですよね。でも、それ以外の場所は、ビルや倉庫がみんな川に背を向けています。これでは、たとえ海や川の近くで仕事や生活をしていても、水辺にいることをほとんど感じられないでしょうね」

16.07.13_wired_0772

南下したボートは羽田沖に出た。空港で着陸の目印となる赤い鉄橋は、釣りの穴場としても知られている。このあたりはフリースポットで、往来の邪魔にならない場所なら自由に停泊して構わないそうだ。エンジンを止めたボートが、おだやかな海面にゆらゆら浮かぶ。水平線には、うすぐもりの午後の空が溶け込んでいた。頭上を時おり横切る飛行機の轟音が、周囲の静けさを際立たせる。

「ここ、どのへんでしたっけ。水の上にいると、地理感覚が狂ってきますね。自分のいる場所が、そもそも頭の中の地図にないからかもしれない」

スマートフォンの地図アプリで、現在地を表示する。海の上の青い点。自分がいま、日常の文脈からは逸脱している実感が湧いてくる。

「こんな場所にボートで漕ぎ出したら、思いっきり読書の時間にあてたいですね。集中できるだろうな。何人かでアイデアを出したり、重要なことを決めたりするのも良さそうですね。水上で会議する『ミーティングボート』とか、どうでしょう?」

東京モノレールと並走しながら、オリンピック・パラリンピックでカヌー競技の会場になる「水の森競技場」予定地であるコンテナ街を望む。その後、トラス構造の「東京ゲートブリッジ」を間近に見た。近くで目にした大きなフローティングドック(乾ドック)には、ウィンクしているイラストが施されている。

16.07.13_wired_0674

「この絵を描こうと決断したおじさんは偉いですね(笑)。こういう壁画もハックのひとつ。機能的な建物ばかりだけど、こんな遊びがあってもいいと思うんです」

およそ90分間のクルーズで、ボートは勝どきマリーナへ寄港。東京を違った角度から見るツアーが終了した。クルーズを終えて、齋藤氏が想像する「日常のハック」とは?

「モノゴトを違う方向から見つめたときに、ハックが始まるんだと思います。世の中には大人の事情ってのがたくさんあるじゃないですか。やれ、ここで船を光らせるなとか、音を出すなとかね。そんな中で、固定観念を外して、『この“事情”は取れるんじゃないか?』と常に考えてみる訓練が大事なんじゃないかな」

16.07.13_wired_0753

今回使用したボートは定員8名の「マルチクルーザー:FR-23 ActiveSedan」。取材においては、ヤマハ発動機にご協力いただいた。

INFORMATION

作品の応募受付、開始! 受賞者には豪華な賞品も

2013年から『WIRED』日本版が開催しているアワード「CREATIVE HACK AWARD」。受賞者のなかから、クリエイティヴシーンで活躍する逸材も生まれている本アワードが、今年も作品の募集を開始。「日常をハックせよ!」をテーマに、あらゆる領域における「新たなクリエイティヴ」を受け付けています(応募締め切りは16年9月30日)。好評を博している「オープンセミナー」は、第3回が8月に開催予定。