写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米Googleは7月21日(現地時間)、カリフォルニア州サンディエゴで開催中のComic-Con 2016で、Google Play Booksの新機能「Bubble Zoom」を発表した。

スマートフォンや画面サイズの小さいタブレットでデジタルコミックのセリフが読みづらい時に、タップ操作で吹き出しを一つずつ順番に拡大表示できる。ページの一部を拡大するのと違ってフルページ表示を維持でき、片手で操作しやすい。

Bubble Zoomは、写真に写っているものを認識するマシンラーニング技術を用いて、吹き出しの認識をトレーニングして実現しているという。最新のAndroid用Google Play Booksが同機能をサポートしており、MarvelおよびDCのコレクターズセットでテクニカルプレビューを体験できる。

(Yoichi Yamashita)