関連画像

写真拡大

男女関係をめぐる誤解は、一度こじれてしまうと収拾がつきにくいもの。Yomiuri Online「発言小町」に、友人女性と浮気していると、その夫から誤解されていることに悩んでいる男性からの投稿がありました。

投稿者(トピ主)の男性によると、その友人女性はトピ主の仕事を心配してくれたり、2ヵ月に1回飲みに誘ってくれるなど仲はいいようですが、男女の関係ではないとのこと。ところが、友人の夫は2人が浮気をしていると誤解し、「うちの奥さんとHしたいんか」と突然電話をかけてきたそうです。

トピ主は友人から、夫にDVを受けていることや、夫の他に関係を持った人がいることなどを聞いており、「そのやりとりの中でメールの内容に誤解されるものがあり、そこは反省してます」と話しています。友人の夫の誤解を解くために、トピ主から「奥さんに対してそういう気持ちはなく、誤解である」「誤解されるような内容だった」と謝罪のメールを送っても、相手は「2人で嘘をついて会う理由はなんだ?誤魔化すな。殺すぞ」と、聞く耳を持たない状況です。

「正直、DVの話を聞いた際に何をするかわからない人であることと、今回殺すぞでビビってます」と不安がるトピ主。それに対して、レスには「異性の既婚者と二人きりで飲みに行くのは誤解される元です」とトピ主の行為にも問題があるという意見や、「友人さんにはDVセンター等を紹介してあげ、主さんは金輪際(友人が離婚するまで)会わない」などのアドバイスが寄せられています。

友人の夫の誤解を解くために、トピ主はどうすればいいのでしょうか? 原口未緒弁護士に聞きました。

(この質問は、発言小町に寄せられた投稿をもとに、大手小町編集部と弁護士ドットコムが再構成したものです。トピ「誤解され困っています」はこちらhttp://komachi.yomiuri.co.jp/t/2016/0625/767386.htm?g=15)

● ヒートアップしている時に接触するのは危険

なるほど〜、難しい質問ですね。

まず、「殺すぞ」は明らかに脅迫文言です(苦笑)。もし今後、友人の夫と話し合いをする際は、万が一に備えて、ICレコーダーを忍ばせて録音しておくことをお勧めします。ただ、友人の夫とお話をすることや、接触を取ること自体が危険です。相手がヒートアップしているときは特に危ないです。

今はまだ、友人や、友人の夫との接触は控えた方がいいかもしれません。友人の夫が、自分の警告によって友人とトピ主さんの関係が終わったと思えば、満足するのではないかと思われます。

もし、トピ主さんがどうしても友人の夫とお話をしたい、ということでしたら、安全性を確保するために、人目のある、シティホテルのラウンジなどを会う場所として指定するとよいでしょう。

お話をしたい、という前提として、「誤解を解きたい」「男女の関係はなく、自分の仕事の相談に乗ってもらっていた」など、トピ主さんが友人を巻き込んでしまった、というような節を見せるとよろしいのではないかと思います。

今回のケースで、トピ主さんと友人との間に単なる友人関係を超えた男女関係や性的な関係が疑われるようなメールのやりとりがあったならともかく、単に飲みに行ったり、相談を受けていただけであれば、トピ主さんに誤解を招いた原因ががあるとは言えないと思います。

ただ、話し合いを円滑に進めるためには、誤解した相手が悪いと責めるのではなく、まずは、友人の夫からの質問や言い分について、基本的に聞き役にまわり、否定せず、理解していることを示しましょう。その上で、相手が落ち着いて聞く耳をもってくれそうな時を見計らって誤解であることを説明をする、というように低姿勢で臨むと、誤解を解きやすいのではないかと思います。ポイントは、まず聞くことです。



【取材協力弁護士】
原口 未緒(はらぐち・みお)弁護士
東京護士会所属。ココロもケアする離婚弁護士。離婚は次の新しい人生で幸せになるための第一歩。離婚はそのプロセス次第でたくさんのことを教えてくれる。そしてたくさんの新たなシアワセを運んでくれる。「シアワセな道に歩む第一歩を私と共に歩みましょう!」
事務所名:弁護士法人 未緒法律事務所
事務所URL:http://mio-law.com