東レは、ターボ搭載車に必要なターボダクト向けに、世界最大手のサクションブロー成形機メーカーであるドイツのKautex Maschinenbau GmbH (カウテックス社)から大型3Dサクションブロー成形機を導入することを決定しました。

1

東レによると、日系エンジニアリングプラスチックメーカーによる同成形機の導入は初めてになります。今後、本年8月までに同社名古屋事業場(樹脂応用開発センター内)に設置し、10月から本格稼働する計画です。

近年のダウンサイジングターボ車では、ターボチャージャーとエンジンを繋ぐターボダクトを樹脂製とすることが軽量性と設計自由度の優位性から主流となっており、高い長期耐熱性や耐薬品性などの要求特性を満たす材料として、PPS樹脂やナイロン樹脂、PBT樹脂などの高機能エンジニアリングプラスチックスの適用が広がっています。

樹脂製ターボダクトの成形方法としては、主に射出成形とサクションブロー成形がありますが、長尺で複雑な形状にも対応できる利点に加え、一体成形により短時間で製造できるサクションブロー成形への注目が高まっています。

東レはターボダクト向け材料に好適な各種エンジニアリングプラスチックを幅広く製品のラインナップにそろえています。

今回、世界最大手のカウテックス社からサクションブロー成形機を導入して、新たな成形方法に関する技術・ノウハウを蓄積して、サクションブロー成形に最適な材料の開発力を強化すると同時に、ターボダクトの成形加工技術を磨くという狙いがあります。

(山内 博・画像:東レ)

東レがターボダクト向けに3Dサクションブロー成形機を導入(http://clicccar.com/2016/07/22/387367/)