21日、近所の貧しい家庭を陰で支える韓国・東大門区の事業が注目を集めている。このニュースに、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せた。資料写真。

写真拡大

2016年7月21日、韓国・ソウル新聞によると、近所の貧しい家庭を陰で支える韓国・東大門区の事業が注目を集めている。

7月のある日、東大門区里門2洞住民センターの福祉担当員は、42歳の女性ユンさんから、「誰かが家の前におかずや飲み物、子供服を置いていく。黙って受け取ってもよいのだろうか?」との相談を受けた。障害を持つ娘を1人で育てるユンさんは、チムジルバン(サウナを主体とした健康ランド)を転々とする生活を送っていたが、昨年12月に東大門区の支援を受け、里門2洞に小さな部屋を借りて住み始めた。

家の前に届けられたおかずなどは実は、ユンさんの事情を聞いた里門2洞の住民らが届けたものだという。ある住民は「ユンさん家族の話を聞き、純粋な気持ちで助けたいと思った。子供たちが不快に思わないよう、ドアの前にこっそりと置いているが、それがかえって不快にさせているだろうか?」と笑いながら話している。

東大門区は、区の条例で各洞の首長を福祉首長に任命し、福祉委員会やボランティア団体などを通して社会的弱者に家電製品や入浴サービスなどを提供する事業を行っている。すると、それに感化された住民らが誰からともなく、こっそりと近所の貧しい家庭を助ける活動を始めたのだという。これを知ったユンさんは、「とてもありがたい。助けてくれた人たちのためにも、娘と共に頑張っていきたい」と述べた。

このニュースに、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「助けたい気持ちがあっても実践するのは難しい」
「心が温まるニュース。感動した」

「韓国国民は情に厚いが、だんだん欲深い政治家に似てきてしまっている。今の政治家の99%がいなくなれば、もっと暮らしやすい国になるだろう」
「韓国にもまだ、そのような人がいたなんて!本当にありがたい」

「少しずつ優しさを分け合えば、みんなが幸せになれる気がする。着るもの、食べるもの、住むところがあれば、幸せになるための準備は完了!」
「こうした動きが全国に広まってほしい」
「韓国政府はこのような記事より、大企業や金持ちが幸せに暮らしているという記事を好むのだろう」(翻訳・編集/堂本)