食事は旅先での楽しみの1つ。とりわけ、宿泊先で好きなものが好きなだけ食べられたら、言うことなしだろう。そんなニーズの高まりもあってか、「バイキング」プランを設けるホテルが珍しくなくなってきた。旅行予約サイト「楽天トラベル」は、「ファミリーに人気のバイキングが食べられる宿ランキング」を発表。

「お客様の声」の食事評価が4点以上の宿を対象に、「バイキング」プランを予約したファミリー利用者の宿泊人泊数(宿泊延べ人数)を元に集計した結果、1位は新潟県の「エンゼルグランディア越後中里(越後湯沢)」、2位は栃木県の「那須温泉 ホテルエピナール那須」、3位は宮城県の「秋保温泉 ホテル瑞鳳」がランクインした。

ファミリーに人気のバイキングが食べられる宿ランキング

【ファミリーに人気のバイキングが食べられる宿ランキングTOP10】

ファミリーに人気のバイキングが食べられる宿ランキング

1位にランクインした新潟県の「エンゼルグランディア越後中里(越後湯沢)」は夕食と朝食でバイキングを提供しており、夕食では蟹や寿司、シェフが目の前で焼くグリルコーナーなど、約60種の和洋中バイキングが食べられる。また、子ども向けの料理が並ぶキッズバイキングコーナーのほか、自分で作るソフトクリームや手作りケーキなどが揃うデザートコーナーも充実。宿泊者からは「食事(バイキング)のメニューが朝夕共に豊富で非常に楽しむことができました。例えば、ステーキは焼きたて、新潟特産の品あり、ソフトクリームや綿菓子作り等子どもが喜ぶ仕掛けもあり」との声があがっている。

2位の栃木県「那須温泉 ホテルエピナール那須」は、夕食も朝食も那須高原の新鮮な食材を活かした食事をバイキング形式で楽しむことができる。夕食の 和洋中バイキングでは90種類以上の料理が並び、新鮮な野菜が食べられる「ベジタブルガーデン」コーナー、ステーキや天ぷらを目の前で作る「ライブキッチン」コーナー、約30種のスイーツやパティシエによるおすすめスイーツの実演があるスイーツコーナー、子ども向けの料理が並ぶキッズコーナーなどが楽しめる。また、朝食のバイキングでは、「『朝ごはんNO.1』のフレンチトーストはもちろんオムレツもおにぎりもとてもとてもおいしくて夕食以上に食べすぎました」との感想が寄せられている。

3位の宮城県「秋保温泉 ホテル瑞鳳」は、ずわい蟹や炭火で焼き上げる仙台名物牛タンなど和洋中50種類の夕食バイキングと、名物の甘い赤飯や笹かまなど宮城ならではのメニューが食べられる和洋朝食バイキングを提供している。宿泊者からは「バイキングの内容も充実しており、子どもから年配者まで大満足です。かにとお寿司を好きなだけ食べた息子はとても幸せそうでした」といった声があがっている。

ファミリーに人気のバイキングが食べられる宿ランキング

【調査概要】
調査日:2016年5月1日(日)
調査対象:「お客様の声」のお食事評価が4点以上の宿を対象に、子連れ利用の「バイキング」プラン(宿泊プランに「バイキング」「ビュッフェ」「ブッフェ」のキーワードを含む)の宿泊人泊数実績を元に算出
対象期間:2015年5月1日(金)から2016年4月30日(土)

文/編集部