脳にニセの映像を植え付ける方法、日本の科学者たちが実証する

写真拡大

まるで映画『インセプション』のようだ。日本のある研究が、脳に偽物の映像と経験を注入することが可能だと示している。その方法とは。

「脳にニセの映像を植え付ける方法、日本の科学者たちが実証する」の写真・リンク付きの記事はこちら

クリストファー・ノーラン監督の映画『インセプション』において、レオナルド・ディカプリオは他人の夢の中に入り込みその心に「アイデア」を注入できた。それと同じように、日本・京都の国際電気通信基礎技術研究所脳情報通信総合研究所の科学者チームが、被験者たちの脳にニセの記憶、体験、映像を挿入できることを示した。それも、被験者が注入される対象について、何も知ることなく。

詳細は科学誌『Current Biology』で発表されている

「ある種のサブリミナル」

研究では、基本的に次のような内容が想定がされている。まず、被験者がfMRI(functional magnetic resonance imaging)のマシン内に横たわり、ヴィデオゲームに集中する。その間にマシンは脳のスキャニングを実施し、ニューロンの活動を解読して医師と被験者自身にリアルタイムでフィードバックする(専門用語でいう「ニューロフィードバック」)。いわば、走ったりペダルを漕いでいる間に心臓の活動のフィードバックを供給する心拍計のようなものだ。

渡邊武郎率いる日本の科学者たちは、白と黒の縞模様の画像を見ている間に被験者たちの脳内に赤色の映像を「挿入する」べく、この技術を用いた。

実験は、被験者たちがニセの映像の種類について何も知らないまま行われる。「最も単純なかたちの、ある種のサブリミナルメッセージです」と、渡邊はウェブメディア『STAT』に説明している

渡邊と同僚たちの実験は、いくつかの段階に分かれている。まず被験者たちは、ソフトフェアが脳のパターンを正確に検知できるよう「安静時」に脳スキャンにかけられた。

それから、3日間のニューロフィードバックの段階が続いた。fMRIのマシン内に横たわった被験者たちに求められたのは、スクリーン中央と、それから出現する黒い縦縞を眺めて、「何らかの方法で自分の脳の活動を制御しようと試みること」だった。各試験の終わりには、被験者には得点が与えられ、被験者は得点にもとづいて金銭のかたちで報酬を受け取った。

試験は各被験者に対して、それぞれ500回繰り返された。

「これは幻覚ではない」

実験では、赤色と関係する脳の活動が付随すると、マシンが高い点数を与えるように設計されていた。科学者たちの説明によると、その目的は、黒い縦縞のヴィジョンと赤い色の(想像上の)映像の間の連結を強化することにある。

実験のあとで、研究者たちは被験者たちに、高い点数を受け取ったときに何を考えていたかを質問した。彼らの誰も、赤色について話をしなかった。しかし次の日、実験を繰り返すと、被験者たちは、ニューロフィードバックにかけられなかった被験者たちと比べて、赤い物体について考える傾向がより強いことがわかった。

「これは幻覚ではありません」と、渡邊は説明した。「数字や文字を眺めると色が見えるようになる状態、共感覚に非常によく似た何か、なのです」。