リンガーハット初のバルスタイル店舗「リンガーハット 新橋駅前店」がオープン!のキャッチ画像

写真拡大

長崎ちゃんぽんで有名な「リンガーハット」が初のバル業態店舗、「リンガーハット 新橋駅前店」がオープンしました。既存メニューの長所を生かしつつ、洋食のメニューも取り入れた居酒屋風店舗では、ワインに合う限定メニューもあります。普段慣れ親しんだリンガーハットとはまた一味違う魅力を存分に楽しみましょう!

限定のメニューも多数登場。ちょい飲みも楽しめる新しいリンガーハット

1977年「リンガーハット」1号店が福岡にオープンして以来、全国に店舗を拡大したリンガーハット。長崎ちゃんぽんの専門店というこれまでの業態を一新し、「バル」スタイルを取り入れた「ちょい飲み」も楽しめる新店舗を新橋にオープンします。

建物の老朽化に伴って閉店した「リンガーハット新橋店」を、移転リニューアルするかたちで新橋駅日比谷口前交差点にオープンする「リンガーハット新橋駅前店」。JR新橋駅から徒歩2分と、さらに駅近になりました。昼間は通常のリンガーハットと同様に長崎ちゃんぽんやぎょうざなどが提供されますが、17時からはバルメニューを展開する新業態の店舗として営業します。バーカウンターも設置された店内は、お酒の品ぞろえも豊富。ビールやハイボール、サングリア、ワインも赤、白、ロゼなどバランス良く取り揃えられています。料理もお酒と相性のよいバル限定のメニューが展開されます。

●おなじみの食材を生かした店舗限定の新メニュー

リンガーハットではバルスタイルの店舗の開店に合わせて、女性社員によるメニュー開発チームを結成しワインに合う料理を開発しました。新橋駅前店では、これまでリンガーハットではあまり使われることのなかったチリソースやオリーブオイルなどの調味料を使った様々なメニューを楽しむことができます。

皿うどんに使うパリパリの細麺と肉味噌をレタスに巻いて食べる「リンガーレタスラップ特製肉味噌」や、ぎょうざをレタスに巻いて食べる「リンガーレタスラップGYOZA」(各500円)、ぎょうざにチーズとトマトソースを重ねて鉄鍋にのせた「鉄鍋ぎょうざラザニア風」(680円)など、いずれもこれまでリンガーハットで親しまれてきた食材を生かしながら、新たなアレンジで展開するバル店舗限定の新メニューです。

会社帰りに気軽に1杯、という用途にも使えそうな新店舗。気軽に訪れてみてはいかがでしょう。

■スポット情報
名称:リンガーハット 新橋駅前店
住所:東京都港区新橋 1-15-5
アクセス:新橋駅汐留口から北西に徒歩約3分
営業時間:【平日】8:00〜4:00 【土曜】11:00〜4:00 【日曜・祝日】11:00〜22:00 
公式URL:http://www.ringerhut.jp/special/ringer-bar/