9〜漫画、9番目の芸術〜」


7月22日から9月25日まで東京・森アーツセンターギャラリーにて開催されるルーヴル美術館特別展「ルーヴル No.9 〜漫画、9番目の芸術〜」のオープニングイベントが行われ、作品を出展した漫画家たちとオフィシャルサポーターを務める女優の菜々緒さん、声優の神谷浩史さんが登場しました。

ルーヴル美術館では近年、フランス語圏の漫画文化である「バンドデシネ」にスポットライトを当て、作家たちに「ルーヴル」をテーマに作品を制作してもらう「ルーヴル美術館BDプロジェクト」を進めています。もともとフランスでは「建築」「彫刻」「絵画」「音楽」「文学」を芸術として分類していて、その後の新興勢力による文化闘争の結果、第六の芸術に「舞台芸術」、第七に「映画」、第八に「メディア芸術」が定着しました。そして第九の芸術と呼ばれるようになったのが「バンドデシネ」というわけです。「ルーヴル No.9 〜漫画、9番目の芸術〜」では日仏の漫画家たちの作品展示はもちろん、それに加えて、300点に及ぶ原画や映像資料などが公開されます。

005

16名の漫画家たちの作品が展示される今回の特別展。その中から11名がオープニングイベントに登場しました。日本からは谷口ジロー氏、松本大洋氏、五十嵐大介氏、そして坂本眞一氏です。

001

「古くからバンドデシネの魅力に取り憑かれているので、この企画に選ばれたことを幸運に思っている」という谷口氏は今回展示されている16の作品について「どの作品も個性が全然違う」と話しました。

海外からオープニングイベントに参加したのはニコラ・ド・クレシー氏、エリック・リベルジュ氏、ベルナール・イスレール氏、クリスティアン・デュリユー氏、ダヴィッド・プリュドム氏、エティエンヌ・ダヴォドー氏、フィリップ・デュピュイ氏。

002

クレシー氏は日本の文化の影響力の高さを指摘し「河鍋暁斎、宮崎駿先生、谷口ジロー先生、松本大洋先生といった偉大なアーティストたちが、日本および世界の作家たちに幾世代にもわたって影響を与えている」と話していました。

■特別展をさらに盛り上げる菜々緒さんと神谷浩史さん
004

オフィシャルサポーターの菜々緒さんは、大きな絵画とともにステージに登場。これは特別展のために、坂本氏が菜々緒さんをモデルに描いた作品です。作品を見て「私もこんな美しい女性になれるように日々努力してがんばっていかないといけない」と嬉しそうな菜々緒さん。また、オフィシャルサポーターを務めるにあたり「私を通じてより多くのみなさんに、展覧会に足を運んでもらえるように頑張りたい」と意気込みを語りました。

003

「作品の持つ迫力に圧倒されてしまって、うっかり自分がここで音声ガイドを務めていたことを忘れて没頭してしまった」と話したのは声優の神谷浩史さんです。この世界観を伝えていかなければいけない、と思ったという神谷さんは「作品の魅力がより伝わるように、興味を持っていただけるように声で表現させていただきました」と振り返りました。実際に音声ガイドでは、展覧会の案内役や漫画の中の登場人物など、たくさんのキャラクターを演じ分けている神谷さんの声と共に作品を楽しむことができます。

作品を眺めるだけではなく、まるでルーヴルの世界を体感できるような特別展。漫画の持つ高い芸術性と魅力を改めて感じたあとは、実際にパリのルーヴル美術館を訪れたくなってしまいそうです。

■開催概要
ルーヴル美術館特別展「ルーヴル No.9 〜漫画、9番目の芸術〜」
会期:2016年7月22日(金)〜9月25日(日)
会場:森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52階
住所:東京都港区六本木6-10-1

副編集長 西岡舞子
431370_175839735864754_142095489_n