スノーデン、iPhone付属キットをデザインする(1)

写真拡大

2013年、NSAによる世界規模の不正な情報収集を告発したエドワード・スノーデン。いまや映画化もされる彼が、著名なハッカーとともに、iPhoneからの情報漏れを防ぐデヴァイスを開発した。

「スノーデン、iPhone付属キットをデザインする(1)」の写真・リンク付きの記事はこちら

エドワード・スノーデンが香港のホテルの一室でアメリカ国家安全保障局(NSA:National Security Agency)の秘密をレポーターたちに告白したとき、彼らの携帯電話を冷蔵庫に入れるよう要求したのは有名な話だ。

それは、デヴァイスのマイクやカメラをひそかに起動させる無線信号を完全にブロックするためだったのだが、それから3年後のいま、彼が再びスマートフォンの無線監視問題に戻ってきたのも当然なのかもしれない。現在、スノーデンはホテルの冷蔵庫よりずっとコンパクトな解決策を構築しようとしている。

7月21日(米国時間)、マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボにて、スノーデンと著名なハードウェア・ハッカー、アンドリュー・バニー・フアンが、ある箱型デヴァイスの構想を発表することになっている。

RELATED

そのデヴァイスは取り付けたiPhone内部に配線がつながっていて、iPhone内部のアンテナに送られる電気信号を監視する仕組みになっている。フアンとスノーデンによると、このデヴァイスの目的は、携帯電話の無線が信号を送っているかどうかを常に監視することにあるという。

この方法では、電話機の無線を確実にオフにするために「機内モード」に設定するよりも、はるかに信用できる。というのも、「機内モード」にはハッキングや不正アクセスによってなりすましが可能だということがすでに示されているからだ。

スノーデンとフアンは、政府からの資金援助のもとハッキングや監視能力を高めてきた「敵」から自分を守ろうとするスマートフォンユーザーに対して、強力なプライヴァシーの保証を提供しようとしている。とりわけ、自分のデヴァイスを携帯して敵国に赴くレポーターに対して。

「彼らはシリアやイラクといった海外にいるが、かの国の政府は彼らの電話に予期せぬ動作をさせる」と、MITでの発表前に行われたインタヴューで、フアンは『WIRED』 に語った。「あなたは電話の無線がオフになっているし、誰にも自分の居場所を言ってないと思うかもしれないが、実際は危険にさらされたままだ」

彼らのデヴァイスは、一見したところ小さなモノクロの画面がついた単なる外付けバッテリーケースといったところだ。

しかし、デヴァイスから出ている測定用の電線は、SIMカードスロットを通じてiPhone内部で回路基板上の測定ポイントに取り付けられ、GPSやBluetooth、Wi-Fi、携帯モデムといった無線に使う2本の内部アンテナへの電気信号を読み取る。そして、本来無線がオフになっているべきときに無線情報を伝達する信号を認識すると、警報メッセージか音声アラームで持ち主に警告してくれるのだ。

さらには、iPhoneの電源を自動的にパチンと切ってしまう、つまり「スイッチを殺す」ことさえ可能だとフアンは話している。

[この記事の続きは、こちら

Acr821342097496832-8341-1024x768

スノーデンとフアンがデザインするデヴァイスのモックアップイメージ。IMAGE COURTESY OF ANDREW HUANG & EDWARD SNOWDEN