ダイエットにいいだけじゃない!

写真拡大

かつてはテレビ番組の罰ゲームに使われていたこともある"ノニジュース"。強烈なニオイもあるので自分はちょっとムリ、という方も多いようです。でもノニジュースには豊富な栄養が含まれていて、ダイエットに使っている方も多いのです。飲みやすいようにブレンドされたノニジュースやノニ茶も販売されているので、健康が気になるという方も試してみては?

■ "ノニ"ってどんな植物?

ノニは、ハワイやインドネシア、マレーシアから沖縄地方まで、幅広く自生する植物です。特にインドネシアでは、一般的に栽培され、サラダなどにして常食されています。ノニの木には、表面がごつごつした実がなり、緑色から黄色に変わったら食べ時になります。特徴は、熟した実のニオイ。チーズが腐ったような香りが苦手、という方も多いのではないでしょうか。

■ "ノニ"に含まれる栄養は?

ノニは昔から「奇跡のフルーツ」と言われるほど、栄養価が豊富です。ビタミン、ミネラル、アミノ酸など、ノニに含まれる栄養素は、なんと140種類以上。ダイエットや生活習慣病の予防に利用する方も多いのです。特に注目したい成分はカリウムで、体の余分な水分を排出する働きがあるので、むくみ対策にも効果的です。その他、免疫力を活性化するアルカロイドが含まれているため、伝染病などに対する抵抗力を付けることができると言われています。

■ "ノニ"って葉っぱも食べられる?

日本では一般的にノニジュースで利用することができます。熟成したノニの果実を絞ったものと、さらに発酵させたノニジュースの2種類があります。発酵させたノニジュースは、納豆や味噌と同じ発酵食品。発酵させることで、新たな体にいい成分ができるメリットもあります。インドネシアでは、ノニの葉っぱをサラダのように食べる習慣があります。果実だけでなく、葉っぱも栄養は豊富ですが、日本ではノニ茶として利用することができます。

■ "ノニ"を控えた方がいい人もいる

ノニを飲むことで、肝障害や腎臓障害を起こしたケースもあります。気を付けた方がいいのは、すでに医師の治療を受けているケース。あらかじめ医師に相談したうえで利用するようにしましょう。ノニには、カリウムが多く含まれていますし、アルカロイドの働きで高血圧を防止する効果もありますが、すでに高血圧の治療を受けている場合も、血圧を下げ過ぎてしまう危険があります。

■ おわりに

ムリなくダイエットできた、免疫力が上がって風邪を引かなくなった、などの嬉しい報告も多い"ノニ"を上手に利用してくださいね。

(著:nanapiユーザー・カラダにキク「サプリ」 編集:nanapi編集部)