軟骨は血流がないので、組織修復能力が乏しく、一度損傷すると再生は難しいとされていた。軟骨がすり減り、変形してしまった重症の変形性膝関節症では、人工関節に置換して痛みを取り、足のアライメント(骨格配列)を矯正するという治療が行なわれる。

 一方、スポーツや事故などで、膝の軟骨の一部が欠けることがある。これが外傷性軟骨損傷で、軟骨が欠ける以外は、周囲の軟骨と骨には異常が少ないものをいう。治療法は大きくわけて2通りある。

 骨軟骨移植術と自家培養軟骨移植術だ。骨軟骨移植術は体重のかからない膝の部分の軟骨と骨の一部を直径5〜10ミリの円柱状に採取し、欠損部分を同じ円柱状にくりぬき移植する。この方法は移植部分が硬くなったり、できた軟骨が正常の硝子軟骨よりも線維に近いという問題があった。

 北里研究所病院人工関節・軟骨移植センターの月村泰規センター長に話を聞いた。

「整形外科分野でも再生治療の研究が行なわれてきました。そこで広島大学で開発されたのが患者さんの膝から軟骨を採取し、無菌室で培養して欠損した部分に留置して生着を促す自家培養軟骨移植術です。欠損した範囲が4以上で、周囲の軟骨や骨が正常な場合に適用できる治療です」

 治療にあたり、患者の膝軟骨を関節鏡で0.4グラム採取し、専用の施設の無菌室で4週間培養する。単に培養しただけでは平べったい組織になるため、アテロコラーゲン(コラーゲンの一種)と混ぜて培養することで、3次元的に培養が可能だ。

 4週間で500円玉3つ程度のぷよぷよしたゼリー状の培養組織ができるので、これを膝関節を切開して欠損した場所に移植する。移植した自家培養軟骨がズレたり、流れたりしないように、脛骨から取った骨膜で蓋をし、周囲を縫っておく。

 術後は入院して2週間は膝を固定し、体重がかからないようにする。入院期間は1か月程度だ。移植した軟骨が生着していないので、膝に体重をかけると生着しないので、安静を保つことが求められる。退院後半年〜1年かけて、ゆっくりリハビリを行なえば高い生着率が期待される。

「この治療の対象となるのは概ね45歳以下で、周囲の骨や軟骨に障害がない方です。周囲の軟骨が薄かったり、バサバサになっている場合は、移植しても生着が難しいという結果がでています。さらに術後安静が保てるかどうかを診て、治療できるかどうかを判断します」(月村センター長)

 この治療は膝関節を対象に、2013年4月に保険承認され、外傷性軟骨欠損症のほか離断性骨軟骨炎にも適用された。治療には厚生労働省の使用認定が必要なので、実施できる医療機関は本年3月末現在、全国で218施設だ。そのうち4症例以上の実施は15施設で北里研究所病院は10症例を実施。自家培養軟骨移植術は整形外科の新しい再生治療として期待されている。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2016年8月5日号