写真提供:マイナビニュース

写真拡大

半導体製造機器のメンテナンスおよびエンジニアリングサービスを提供するOSセミテックは7月21日、半導体メーカーなどに技術を持ったエンジニアの提供を行う「On-Call(オンコール)サービス」ならびに搬送機器に対する問題分析や課題を解決する「FA搬送保守サービス」という2つのエンジニアリングサービスを提供すると発表した。

オンコールサービスは、半導体や液晶の製造ラインに設置された製造装置に不具合や異常などが発生した際に、経験豊富なエンジニアを同社から派遣し、即時対応をはかることで、装置メンテナンスの変動費化と雇用リスクの軽減を実現するもの。サービス発表時点では、受付時間は午前9時から午後6時までとしている。また、同社Webサイトでは、保全対応可能リストを掲載している。

一方のFA搬送保守サービスは、搬送能力分析や老朽化診断といった問題分析を、大手半導体メーカー出身のエンジニアが行い、最適な解決方法を提案、実現するものとなっている。

なお同社では、装置とコンポーネント機器のメンテナンスを1人のエンジニアが対応できる「マルチエンジニア」の創出に取り組んでいるとしており、今後、より市場環境にフィットしたサービスを提供していく計画としている。

(小林行雄)