渋谷ヒカリエで「ドラクエミュージアム」開催 スライムカレーを提供するカフェも

写真拡大

 「ドラゴンクエストミュージアム」が、7月24日からスタートする。開催に先駆けて7月21日、マスコミ向け内覧会が渋谷ヒカリエで行われ、ゲームデザイナーの堀井雄二らが登壇しテープカットを行った。 ドラクエミュージアムの内容は?の画像を拡大

 人気ゲーム「ドラゴンクエスト」の誕生30周年を記念して開催される「ドラゴンクエストミュージアム」は、「新たなドラゴンクエストの世界」をテーマに、シリーズIからXまでの世界を新しいコンセプトで再現。鍛冶職人が製作する原寸大の「伝説のロト装備」や、ロト3部作の物語を描いた作品が並ぶ「ロト伝説の画廊」、天空3部作のキャラクターたちが躍動する「天空のジオラマ・ギャラリー」、来場者がゲームの世界を体験できる「スーパーハイテンション体験装置」、巨大スクリーンを使用した「オールスター集結バトルシアター」などが展示される。会場内にはカフェが併設され、「スライムの五目チャーハン」(900円)、「ばくだんいわの肉巻きおにぎり」(600円)、「スライムのプチカレー」(600円)といったメニューを提供する。 テープカットには、「ドラゴンクエスト」の生みの親である堀井雄二をはじめ、お笑いタレントの狩野英孝、TKOの木本武宏と木下隆行、女優の宮澤エマ、でんぱ組inc.の夢眠ねむが参加。ゲームの世界を忠実に再現したジオラマに特に感動したという堀井雄二は「皆さんが、自分が勇者だったころを思い出してくれたら嬉しい。ドラゴンクエストを愛してくれている人はもちろん、知らない人にも楽しんで欲しい」と話した。■ドラゴンクエストミュージアム日程:2016年7月24日(日)〜9月11日(日)会場:ヒカリエホール(渋谷ヒカリエ9階)※会期中無休※10時〜11時は「朝チケット」購入者のみ入場可 ※最終入場21:30公式サイト