お酒の席で男性が引いてしまう女性の振る舞い5つ(Photo by adam121)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】お酒の席で失敗してしまった…という経験は大人になれば少なからずあるでしょう。お酒が入ると本心が自然と出てきてしまうもの。でも、そんなお酒の席のことを男性はきちんと覚えています。そこで今回は、お酒の席では絶対に気を付けておきたい、引かれてしまう女性の振る舞いをご紹介します。

【他の記事を見る】絶対に浮気しない男性の特徴5つ

♥下ネタを連発する


お酒が入ると会話に下ネタが入ってくることもありますよね。

軽い下ネタであれば男性と一緒に盛り上がるのもいいでしょう。

男性にとっても自分の会話に反応してくれる女性は好印象です。

ですが、自ら下ネタを連発する女性や男性が引いてしまうような下品な内容はドン引きされてしまいますよ。

下ネタは盛り上がると言っても、限度があるもの。

その内容には十分に注意してください。

次回会ったとき嫌な顔をされないためにも、下ネタについては控えめにしておきましょうね。

♥いきなりお説教を始める


お酒が進むと、いきなりお説教を始める人っていますよね。

そんな酔い方には周りもドン引きしてしまうでしょう。

特に、初対面にもかかわらずお説教してくるような女性は、「酒癖が悪い人」とみなされて、確実にもう恋愛対象には入りません。

また、最悪の場合、男性が気にしているようなコンプレックスを指摘して激怒させてしまうことも…。

相手を傷つけないためにも、言葉が出すぎないように気をつけてください。

酒癖が悪い人は事前に飲み過ぎないように注意が必要ですよ。

♥内輪しかわからない話をする


飲み会などの集まりではさまざまな人たちが集まるでしょう。

合コンのように、初対面の人とお酒を飲み交わすときもありますよね。

そこで、緊張しているからとつい内輪だけの話ばかりしていませんか?

あなたが知らない話を目の前でされたら、つまらなく思いますよね。

まるで、自分だけが仲間はずれにされたような感覚になるでしょう。

誰だってわからない会話をされると楽しくなくなります。

お酒の席だからこそ、一緒に楽しめる会話をしていきましょうね。

♥あからさまに色目を使う


気になる男性がいると、できるだけ自分に目線を向けさせようと試行錯誤をしますよね。

しかし、あからさまに色目を使っているとわかるような振る舞いは逆効果です。

気になる男性だけでなく、周囲の人たちも嫌な気分になります。

たとえば、初対面なのにベタベタさわる、嫌がっているのに強要するなど、相手の気持ちを無視した振る舞いは絶対にしてはいけません。

いくら相手への好意が強くても、まずは相手の様子や状況を伺うことが大切ですよ。

相手の気持ちを汲んだ振る舞いを心がけましょう。

♥リラックスしすぎる


お酒が徐々に進んでいくとリラックスしてきてしまうもの。

最初は緊張感がただよっていても、盛り上がりがピークになると、気持ちに余裕が出てくるでしょう。

そういうときこそ、女性は振る舞いに気をつけなければなりません。

気持ちに余裕が出てくると、肘をついてご飯を食べたり、股を開いたりと普段の悪い振る舞いが出てきやすくなります。

特に足癖が悪いのは目立つもの。

靴を脱いで座るタイプの部屋では注意してくださいね。

たとえ、お酒が進み盛り上がったとしても女性としての恥じらいや振る舞いを忘れてはいけませんよ。

いかがでしたか?

男性はお酒の席でも女性の振る舞いをきちんと見ているもの。

ふとした瞬間、女性らしくない振る舞いを見てしまうと、一気にテンションを下げてしまうでしょう。

お酒の席でも女性らしさを心がけることが、素敵な恋を見つけるきっかけにもなりますよ。

しっかりとご紹介した5つを意識してくださいね。(modelpress編集部)