(株)フジエテキスタイルは、7月21日(木)に大阪ショールームを移転オープン、初日は業界関係者を中心に内覧会、およびオープニングパーティーが行われた。
 新ショールームのメインとなるのは空間展示。シック、モダン、カジュアルといったライフスタイルを、カーテン、家具、照明、床材などで表現している。またカーテンサンプルは「テキスタイルラボラトリー」というスペースに展開、引き出しタイプの什器にあえて格納するように展示する。さらに4種類の光源によって朝から夕方の太陽光を表現するスペースも用意、薄地の透け感を試すことができる。

 新ショールームの設計・デザインを行ったのは、マリメッコショップのデザインも手がける設計事務所ima(イマ)。今回こだわったのが、あえてカーテンサンプルを見せないように設計した点とのことで、まず空間展示を見せることでカーテンのイメージを固めてもらい、そこからプロのスタッフによるより深い提案に入っていくという流れをつくったという。こうしたコンセプトにより、サンプルがズラリと並ぶ一般的なカーテンショールームとは一線を画した洗練された仕上がりとなった。デザイン的には、カーテンを主役とするために無機質なカラー、素材にしている点も特徴的である。
 なお東京ショールームも同コンセプトの下、今秋リニューアルを予定している。

■大阪ショールーム概要
住所:大阪市中央区南本町4-1-10ホンマチ山本ビル1F