海外で大ブームとなり、日本でもすでに注目を浴びているゲーム「ポケモンGO」。リリース前にもかからわず、日本国内でも同ゲームをたくさんのユーザーが利用することを前提に、早くも注意喚起がなされている。

 「ポケモントレーナーのみんなへおねがい♪」と題された画像は、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の公式アカウントによるツイート。なんと、日本の情報セキュリティにかかわる公的機関がたった1つのスマホゲームのために文書を発行したのだ。

 「ロケット団だけでなく、みんなの行く手にはさまざまなトラブルが待ち受けています。(原文ママ)」といった文言がなんともシュールだが、プレイ時に気をつけるべきことを、下記のような9つの項目に分けてわかりやすくまとめてある。

1. 個人情報を守ろう
2. 偽アプリ、チートツール注意
3. お天気アプリは必ず入れよう
4. 熱中症を警戒しよう
5. 予備の電池を持とう
6. 予備の連絡手段を準備しよう
7. 危険な場所には立ち入らない
8. 会おうという人を警戒しよう
9. 歩きスマホは×ですよ

 社会問題化している歩きスマホについても言及しており、「ゲームにはモンスターが現れるとスマホが震えるモードもあるそうですから有効活用して、震えたら立ち止まり、周りを確認してから見るようにしましょう。(原文ママ)」とも。

 現在こちらの「おねがい」は公式サイトに掲載されておらず、「印刷して掲示したり子どもたちに配布したりできるようにしてほしい」という声が見受けられた。

 また、難しい漢字が使われているにもかかわらず、ルビがふられていないことに対して、「実は大人に対する注意喚起がメインでは?」という意見も。

 実際、スマホを使いながらの自動車運転などの例も多く存在する。ぜひ大人たちがルールを守り、子どもたちの手本になっていきたいものだ。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら