1. トイプードル

町中で最もよく見かける犬種が、トイプードルではないでしょうか。
もこもこの毛にお人形のようなキュートな歩き姿。
その姿に魅了されて家族に迎え入れる人が多くいるはずです。

トイプードルはとってもフレンドリーで遊ぶことが大好きな犬種です。
学習能力が高く、子犬時代に行うトレーニングや基本的なしつけをすぐにマスターしてくれるため、初めて犬を飼う人でも問題なく飼うことができます。
賢いあまり、わがままになってしまい吠え癖がつくと大変なので、きちんとダメなことはダメと教える必要があります。

トイプードルの魅力は、なんといっても室内で飼いやすいこと。
先述した頭が良くしつけしやすいだけでなく、毛がほとんど抜けず、においもほとんどありません。
室内で飼う場合はやはり抜け毛が気になりますが、トイプードルはシングルコートのため、ほとんど毛が抜けないのです。
また、無駄吠えも少ない方で、多くの運動量を必要としない点も人気の理由です。
運動量が少ないとはいえ、遊ぶことが大好きな犬種なので散歩はもちろん必要です。

そして、何より様々なカットができる点も人気の理由でしょう。
トイプードルのカットの種類は豊富にあり、それも飼い主の楽しみの一つになっています。

2.チワワ

小さすぎる体に大きすぎる目。
日本ではうるうるした瞳でじっと見つめるCMに、心奪われた方が多いのではないでしょうか。

チワワの性格は、とっても愛情深く、飼い主へ忠実です。
活発で好奇心旺盛であり、自分より大きな犬に対して臆することなく、自己主張する勇敢な面を持っています。
非常に用心深い性格でもあるため、大きな音に怯えることもあります。
体をプルプルさせているチワワの絵をよく見かけませんか?
かわいいと言ってはいけないかもしれませんが、小さな体でプルプルしている姿にキュンキュンさせられます。

チワワの最大の魅力は、なんといっても小さすぎる体型。
キャリーに簡単に入ってしまうため、どこへでも一緒にお出かけすることができます。
小さくて軽い犬種なのでどんな旅行でも、飼い主の負担にならずに移動できますね。

3.ミニチュア・ダックスフンド

その魅力はなんといっても、短足胴長の愛らしい体型。
一生懸命歩き、走っている姿に心から癒されます。

ミニチュア・ダックスフンドは、好奇心旺盛で活発な犬種です。
生まれつきとても人懐っこく、友好的に接してくれます。
元々穴熊を追いかけるために、今の体型に改良された犬種で、あの体型からは想像できない速さで走ることができます。
狩猟犬だったので、ボール遊びがとても大好きです。
無駄吠えが多いと言われていますが、躾をすればそこまで吠えないですし、うちの愛犬もミニチュア・ダックスフンドですが、全くと言っていいほど吠えません。
どの犬種にも言えますが、性格はそれぞれです。

ミニチュア・ダックスフンドの魅力は、愛らしい体型と個々のパーツです。
短い足で胴を支えているため、前足がとってもしっかりしています。
そのしっかりとした足で歩いている姿は、他の犬種にはないかわいらしさがあります。
そして、長いマズル。
長いマズルの子は知的な印象、短いマズルの子はかわいい印象で、マズルによってその犬の印象がかなり変わります。
一つひとつのパーツが他の犬種にはない、ミニチュア・ダックスフンドならではなので、ミニチュア・ダックスフンドを飼う人は、ダックスばかりを多頭飼いする人がほとんどです。

4.柴犬

日本犬として不動の人気を誇る、柴犬。最近では海外でも人気のようです。
くるんと丸まったしっぽに、丸い顔。日本犬の代表格です。

柴犬は運動が大好きな犬種で、たくさん運動させてあげないとストレスを感じてしまうほどです。
散歩好きな人や健康に過ごしたい人には、もってこいの犬種です。
そして日本犬の特徴でもある、忠誠心。
飼い主以外には懐きにくく、初対面の人に対してあまり友好的ではありません。
そこが日本犬らしい魅力の一つではないでしょうか。
家へ飼い主が帰宅したときの反応は、しっぽがちぎれんばかりに振りまくって、大歓迎のお出迎えをしてくれること間違いなしです。

柴犬は小型犬〜中型犬と分類されますが、そこまで大きくならないため室内でも飼いやすい犬種です。
柴犬の体型は他の犬種に比べて、バランスが良いと思いませんか?
そのバランスの良さと親しみやすい雰囲気。
その素朴さが日本犬らしさを出していて、やはり日本人にとって柴犬は切っても切れない関係であることは間違いないです。

まとめ

不動の人気を誇る犬種をご紹介しましたが、全てに共通して言えることは、初めてでも飼いやすいということです。
紹介した犬種は賢い性格で、躾がしやすく、今まで犬を飼ったことのない人でも、家族として受け入れやすい犬種ばかりです。
飼いやすいからといって、安易な気持ちで家族に迎え入れることは危険です。
これから犬を飼おうとしている人は、自分の生活環境で無理なく飼える犬種を探してみてください。