20日、韓流ドラマ「太陽の末裔(まつえい)」の中国版とされる「特勤精英」から、キャストの顔ぶれが明らかに。オリジナル作品のファンから「ひどすぎる」と悲鳴が上がっている。写真はチャン・タンフォン。

写真拡大

2016年7月20日、韓流ドラマ「太陽の末裔(まつえい)」の中国版とされる「特勤精英」から、キャストの顔ぶれが明らかに。オリジナル作品のファンから「ひどすぎる」と悲鳴が上がっている。NOWnewsが伝えた。

【その他の写真】

今年、中国で爆発的なヒットを生んだ「太陽の末裔」では、主演俳優ソン・ジュンギの人気が「新韓流天王」「国民の夫」と呼ばれるほど沸騰。もともと中国で人気の高かった女優ソン・ヘギョも再ブレークした。このドラマの人気に便乗し、中国版「太陽の末裔」として制作されているのが、全32話のドラマ「特勤精英」だ。ストーリーや人物設定は「太陽の末裔」とほぼ同じだが、主人公の男性が特殊部隊ではなく消防員という点が少しだけ違っている。

今年4月にクランクインし、来年オンエア予定の「特勤精英」では、ソン・ジュンギが演じた主人公を時代劇ドラマで知られる俳優チャン・タンフォン(張丹峰)が、ソン・ヘギョが演じた女医役に若手女優のスー・チン(蘇青)が起用されていることが明らかに。しかしこのキャスティングについて「太陽の末裔」ファンからは、「顔面偏差値の差がありすぎて絶句する」「悪い冗談はやめて」「中国版はどうやらコメディーらしい」など、怒りと悲しみの混じった声が上がっている。(翻訳・編集/Mathilda)