台湾証券取引所、海外からの投資を積極的に誘致

写真拡大

(台北 21日 中央社)台湾証券取引所が海外からの投資誘致を積極的に進めている。

ニューヨークやロンドン、シンガポール、香港などの金融の中心だけでなく、東南アジアなどポテンシャルのある新興市場にも注力。台湾の優良企業や特色ある企業を海外投資家にアピールし、投資を呼びかけている。

今年上半期にはバイオテクノロジーや半導体産業などを主軸とし、シンガポールやマレーシア、香港などの外資を台湾の上場企業に招いて理解を深めてもらうなどした。今後も引き続き海外で台湾への投資に関する説明会を実施する方針。

(田裕斌/編集:齊藤啓介)