これはちょっと楽しい。しかも1本だけじゃなくて、いくつものバージョンがあるのがまた魅力倍増ですね。

アメリカのホンダが夏の販売イベント用に製作したCM動画のようです。クルマの魅力を、スペックや理屈ではなく、香りとか色とか、抽象的なもので表現するというのは、ひとつベタな手法ではありますが、ここでは歌です。

ディーラーにクルマを見に訪れた客に、極上のコーラスが聞こえてくるというもの。しかも4車種についてそれぞれCM動画が作られています。

動画を見るにはこちら

動画を見るにはこちら

動画を見るにはこちら

動画を見るにはこちら

最後は「愛は吐息のように」だ。なつかし〜。映画「トップガン」でヒットした曲ですよねー。それにしても、いずれも見事なコーラス。もっと長く聴いていたいですね。

さて、このサマーセールのCM動画、じつはヒスパニック向けのものもあるんです。

最近YouTubeで見るかぎり、アメリカ(合衆国)のクルマのCMといえども英語バージョンのみとはかぎらず、スペイン語バージョンも作られるものは多いんですね。

ただし、車種によって異なります。アメリカのクルマのCMを見ていると、ターゲットは明確にわかれていて、たとえばピックアップトラックのCMなんかだと、ほとんどアングロサクソン系と思われる白人しか出てこない。

逆に、日本車のコンパクトカーなどは、CMにもヒスパニック、黒人、アジア人といったマイノリティが多く登場します。

で、このホンダのサマーセールのCM動画ですが、歌をテーマにはしているものの、コーラスをフィーチャーした英語バージョンとは一線を画す内容になっています。これはこれで楽しいです。その動画は次のページで。

動画を見るにはこちら

動画を見るにはこちら

動画を見るにはこちら

動画を見るにはこちら

動画を見るにはこちら

もちろん曲のジャンルもちがうわけですが、北米はコーラスが人気で、ラテンアメリカはソロが多いとか、そういうちがいがあるんですかね。個人的にはどっちも好きです。

(まめ蔵)

CMから国民の様子がわかる!? 歌で表現するホンダのCMが楽しい【動画】(http://clicccar.com/2016/07/21/387277/)