アメリカの研究で食べて寝るだけの簡単ダイエットが発表されました。これは「ハイプロテインダイエット」と呼ばれる方法なのですが、それにはあるコツがあります。でもそのコツさえ守れば、食べて寝て痩せるという夢のようなことが実現してしまうのです。

鍵は高タンパク質の食事だった!

もちろん、何も考えずに食べて寝るだけでは痩せません。睡眠と脂肪燃焼の為に必要な栄養素を食事で補う必要があります。

睡眠に必要なアミノ酸がある

質の高い睡眠を取るためには睡眠に必要な材料である、必須アミノ酸を摂取することが大切になります!必須アミノ酸は体内では合成する事が出来ないため、食べ物から摂取することが必要です。

脂肪を燃焼させるにはタンパク質

タンパク質の少ない食事をしていると、それに合わせて筋肉量も落ちてしまうので、基礎代謝が下がってしまい、結果的に脂肪燃焼が出来なくなってしまいます。高タンパク質の食品を摂取することで筋肉量を維持し、脂肪燃焼を促進して痩せやすい体質を作ることが可能になります。

オススメは就寝3時間前にハイプロテインの食材を摂ること

ではどのような食材からタンパク質を効率的に摂取できるのでしょうか。まずはメインディッシュの穀類に雑穀をチョイスしてみてください。雑穀のなかでもタンパク質が特に豊富に含まれているのがキビです。サイドディッシュ(おかず)にオススメなのが大豆ミート。見た目も食感もほとんどお肉ですから、お肉が大好きな人でも満足できるはずです。もう一つおすすめがセイタン。小麦からとりだされるグルテンで、お麩に非常に良く似ており、お肉の代わりに使用されている高タンパク質な食材です。パン生地のような感覚で、お肉のように形を作ってから食べるのが通常です。

炭水化物を極力減らし、タンパク質をしっかり摂って、ぐっすり眠る!これで体質改善&ダイエットが叶うのであれば嬉しいですよね。ヘルシーフードであることに間違いないですから、健康のためにも良さそうです。


writer:ベターマルシェ