極薄の膜が肌と密着、自然な見た目に(Photo: Melanie Gonick/MIT)

写真拡大

コンシーラーやファンデーションを駆使しても隠しきれない、目の周りのシワやクマ、たるみ、気になりますよね。鏡の前でため息をついているそこのアナタ! 朗報です。

気になる部分にローションを塗って乾かすと......。あら不思議、シワは消え、あっという間に10年前の若くて健康的な肌になっちゃった!

「ミッション:インポッシブル」のイーサン・ハントもびっくりのこの「第2の肌」が今、アメリカで注目を浴びています。

汗や水に濡れても大丈夫!丸1日は持つ

タネ明しをします。このローションを塗ることで、特殊なポリマーが"目に見えない膜"を作ります。シワやシミ、たるみを隠し"なかったこと"になるというわけです。

このポリマーを発見したのは米マサチューセッツ工科大学(MIT)とハーバード大学の研究チーム。「An elastic second skin(弾力のある第2の肌)」という題名で2016年5月、「Nature Materials」オンライン版に論文を発表しました。

研究チームは性質の違う100種以上のポリマーをつくり、もっとも弾力性があり、健康な肌に近いものを探し出しました。これまでも同じような研究はありましたが、これほど伸縮性や弾力性に優れていて着け心地がいいものは初めてだとか。ぴったりと肌に密着し、肌の動きに合わせて自在に伸び縮みするので、不自然な感じもありません。

その1番の特徴は、2.5倍に引き伸ばしても元の状態に戻るという驚きの弾力です。普通の肌ですら1.8倍というからまさに画期的なフレキシビリティです。

素肌と見分けがつかないほど目立たないというところも重要です。ゴムっぽいとかプラスチックっぽいとか、人工的な感じがしたら台無しですものね。

つけ方はとっても簡単。2つのローション(液状シリコンとポリマーを含む触媒)を順番に塗るだけです。汗をかいたり、水に濡れたりしても剥がれず、丸1日は持つといいます。取るときも特別なクレンジングなどは必要ありません。端からペロッと剥がすだけです(これがとっても気持ちよさそう......)。

研究者らは、美容目的のほか、湿疹やドライスキンなどの医療的なケアへの応用も期待しているようです。

残念ながら、商品化はまだのようですが、待ち望んでいる女性は多いはず。「第2の肌」がドラッグストアに並ぶ日がそう遠くないことを祈りましょう!