2016年前半は「観測史上最高の暑さ」だった

写真拡大

2014年、2015年と連続して世界の平均気温の記録が更新されてきたが、2016年前半の気温も史上最高だったことがわかった。

「2016年前半は「観測史上最高の暑さ」だった」の写真・リンク付きの記事はこちら

世界の年平均気温は、2014年に史上最高を記録したが、その記録は15年にすぐに更新された。15年末までに、信じられないほど強力なエルニーニョ現象が発生していたことも影響している。

そのエルニーニョ現象の影響もあり、16年に再び記録が塗り替えられるのはほぼ確実だ、と気候学者は予測している。16年前半の気温が記録的だったことから、この予測は的中しつつある。

米航空宇宙局(NASA)の科学者は7月19日(米国時間)の記者会見で、16年1〜6月の気温が断トツで観測史上最高だったことを発表した。

gistemp_Jan-Jul_preI-640x512

1880年から現在までの年平均気温。緑色の点線は、19世紀の平均から1度高い気温。

長期的には、エルニーニョ現象は収束し、ラニーニャ現象によって太平洋赤道域の東部で海面水温が低くなると予想されているが、今年の気温が昨年よりも高くなるのは確実だろう。16年6月の気温も史上最高だった。

ただし予測によれば、17年の気温は今年と変わらないか、あるいはラニーニャ現象によって何年も続いた記録更新にピリオドが打たれる見込みである。

エルニーニョ現象とラニーニャ現象のシーソー的な発生は、世界の気温の変動における重要な要因になっている。しかし、人間の活動に伴う温暖化も(気温の上昇に)影響しているのは明らかだ。

NASAのギャヴィン・シュミットは、16年の気温上昇分のうち、エルニーニョ現象の影響は約40パーセントにとどまると見積もっている

RELATED