老舗問屋「松野屋」とコラボして生まれた
オリジナルのあけびの手提げかごが発売。

2016.07.20


天然素材・日本製にこだわったファッション通販サイト「着心地のいい服」にて、7月5日より『草木染 ふろしきバッグつき あけびの手提げかご』の発売を開始。東京の下町・馬喰町で70年続く老舗問屋「松野屋」とのコラボレーションで生まれた逸品となっている。

『あけびの手提げかご』は良質なあけびが採れる青森県で作られたもの。夏から秋にかけて採った「みつばあけび」の蔓を1〜2年乾燥させたあと、数日間水につけ柔らかくしてから、職人がひとつひとつ手作業で編み始める。軽くて丈夫という使いやすさだけでなく、使いこむほどに飴色の輝きを増していくのが、あけびのかごバッグの魅力。

ころんとした丸みと、編み込まれた持ち手が上品な「シェル(=貝殻)手提げかご」と、さっと肩にかけてもお使いいただける、使い勝手抜群の「ホラ編胴張手提げかご」の2タイプを用意。かごのなかにセットしても使える草木染でつくったふろしきバッグもついてくる。ブルーベリー、アプリコット、アボガドという自然の植物をつかって優しい色調を表現した、かわいらしいふろしきバッグとなっている。

高級感のある素材と整然とした編み目が美しい、“一生もの”と呼ぶにふさわしいかごバッグ、この機会にぜひ手に入れたい。

<商品概要>
「着心地のいい服×松野屋コラボ 草木染ふろしきバッグ つけあけびの手提げかご
かごのタイプ :シェル手提げかご / ホラ編胴張手提げかご
ふろしきカラー:アボガド / ブルーベリー / アプリコット
素材:あけび

 着心地のいい服
http://www.iikigokochi.jp/?track_cd=5340RDYM00

外部サイト