マット・デイモン(左)とアリシア・ヴィキャンデル(右)

写真拡大

記憶を失い、愛する者を奪われた最強の暗殺者ジェイソン・ボーンの活躍を描いた『ボーン』シリーズ最新作『ジェイソン・ボーン』。この映画のラスベガスプレミアが現地時間7月18日にシーザーズ パレス コロシアム(Colosseum at Caesars Palace)で行われ、主演のマット・デイモンをはじめ、アリシア・ヴィキャンデル、トミー・リー・ジョーンズ、ポール・グリーングラス監督らが登場した。

この記事(『ジェイソン・ボーン』ラスベガスプレミア)のその他の写真をチェック!

この日は、「JAISON BOURNE」と記されたブラックカーペットが敷かれ、隣にはカジノというまさにラスベガスらしさ満載の会場に、本作の公開を今か今かと待ちわびる大勢のファンが集結。会場に豪華スタッフ、キャストが登場すると、大きな歓声が沸き起こった。

スーツ姿をピシリと決めた主演のデイモンは、常に笑みを絶やさず、相変わらずのナイスガイぶりで人々を魅了。「ジェイソン・ボーンという役には本当に感謝している。この役は僕のキャリアを変えてくれた。この(映画の)仕事は本当に好きだし、これまで色々な映画を作ってこられたけど、それもこのジェイソン・ボーンという役のお陰だと思っているんだ」とコメント。

そのボーンと大きな関わりを持つことになるCIAエージェント役のアリシア・ヴィキャンデルはルイ・ヴィトンのドレスを着て登場。以前より『ボーン』シリーズの大ファンだったそうで、「撮影の初日、私のシーンはなかったんだけれど、ヘアメイクのテストのためにセットに行ったの。撮影現場に行きたくて。というのもマットに会ったことがなかったし、だからワクワクしながら、恐る恐る現場を歩いて、ちょうど地下でマットがボクシングをする冒頭シーンを撮影していたのだけど、人垣の向こうにマットが見えた。『わあ、ジェイソン・ボーンがあそこにいる』って思ったわ」と話した。

また、トミー・リー・ジョーンズは「引き受けることができて良かった仕事だったよ。出演できたのはとても嬉しいし光栄だ」と本作出演を語ると、グリーングラス監督については「ポールがほかの監督と違うところは、たくさんのカメラを同時に回すことだ。普段しない経験だったよ」とコメント。

そのグリーングラス監督は、デイモンと再タッグを組んだ感想を聞かれ、「彼はファンタスティックだよ!本当に良い奴なんだ。なんたって彼はジェイソン・ボーンなんだから!」と述べていた。

『ジェイソン・ボーン』は10月7日よりTOHOシネマズ スカラ座ほかにて全国公開となる。

【関連記事】
マット・デイモンが『ボーン・アルティメイタム』以来、約9年ぶりに来日!
主演マット・デイモンが思いを語る『ジェイソン・ボーン』メイキング映像
[動画]映画『ジェイソン・ボーン』予告編
『ボーン』シリーズ最新作が10月公開。トミー・リー・ジョーンズも参戦!