生の完熟白桃を使った、大人の贅沢かき氷が人気!金沢の老舗料亭が営む和カフェ「つぼみ」

写真拡大

金沢21世紀美術館から徒歩2分、柿木畠(かきのきばたけ)商店街にある「つぼみ」は、老舗料亭「杉の井」が営む和カフェ。完熟白桃など生の果実で作った自家製シロップでいただく「つぼみの氷」は、夏の金沢を訪れるならぜひ味わいたい、大人のかき氷です。

金沢城の石垣を背景に、辰巳用水がせせらぐ和の空間

「つぼみ」のある柿木畠商店街は、江戸時代に築かれた石垣を背景に、辰巳(たつみ)用水のせせらぎが響く落ち着いた雰囲気の商店街。
歴史を感じる通りの一角に溶け込むように、静かな佇まいを見せています。

店内に入ると、裏庭の美しい緑と、間近に迫る石垣の迫力に目を奪われます。
「ミシュランガイド富山・石川2016」で二つ星に選ばれた料亭「杉の井」と同じ、一流職人の手によって仕上げられた内装が、風情あふれる借景と美しく調和しています。

自家製の完熟シロップが贅沢な「つぼみの氷」

毎年5月から9月に提供される夏の名物「つぼみの氷」は、ふわふわと柔らかな口当たりの氷に、生のフルーツをピューレ状にした自家製シロップをかけていただく贅沢なかき氷。

数あるフレーバーの中でも特にファンが多いのは路地物の白桃を使った「つぼみの氷・生完熟白桃」(860円)。路地物の桃が出回る7月中旬から9月上旬までの期間限定メニューです。

「つぼみの氷・すだちはちみつ」(860円)も、ご主人おすすめの一品。暑さを吹き飛ばすすだちの酸味に、はちみつの優しい甘さがマッチした、まさに大人のかき氷。6月上旬から9月末ごろまでの提供です。

素材にこだわり抜いた、吉野産本葛粉の「葛きり」

黒みつでいただく葛きり( 加賀棒茶付き・750円)は 、吉野産の本葛粉を使った上品な味わい。
料亭「杉の井」のデザートとしても評判の高い、この店の看板メニューです。

上質な空間づくりと素材へのこだわりは、数ある和カフェの中でも、老舗料亭の風格を感じさせるクオリティ。
加賀百万石の歴史を感じる空間で、手間暇かけて作られた本格スイーツを楽しんでください。

ことりっぷの最新記事