はあちゅうが教える“とにかくウツなOL”を抜け出すためのヒント「人間関係は変えられない!?」撮影:小林川ペイジ/写真提供:KADOKAWA

写真拡大

【はあちゅう/モデルプレス】SNSやオンラインサロン等で活躍する、人気ブロガーにして「ネット時代の作家」を目指すはあちゅう氏。初の小説作品『とにかくウツなOLの、人生を変える1か月』が4月30日に発売され、GW中には各書店・ネット書店で売り切れや、即日重版が決定するなど、広がりをみせている。そんな「とにウツ」から抜粋した、働く全女子を元気にするためのヒントを、著者のはあちゅう氏によるプチコラム形式でご紹介(全6回)。

【さらに写真を見る】はあちゅうが教える“とにかくウツなOL”を抜け出すためのヒント「人間関係は変えられない!?」

◆第5回「人間関係は変えられない!?」


自分が好きな感情と仲良くすればいい(『とにかくウツなOLの、人生を変える1か月』84ページより/KADOKAWA、2016年4月30日発売)

◆こんな経験を言葉に込めました


私はもともと、すごく気持ちが落ち込みやすく、起きてしまったことをあとあとまでクヨクヨと思い悩む性格でした。

でも大学時代に「そういう性格を変えたい」と思って参加したアメリカの高額な自己啓発セミナーでカリスマコーチが「笑え!笑うんだ!」と指示を出した瞬間アハハと笑える自分がいたし、「次はとことん悲しいふりをしろ! 悲しめ!」って言われた瞬間に、悲しんだふりが出来る自分に気づいて、日常生活でも、コーチはいなくてもいちいち自分に「笑え!」「悲しめ!」と指示を出しているから、そんな状態になるんだ、全ては自分が決めているだけだ、とはっとしました。

性格は生まれつきの病気みたいなもので絶対に治らないと思っていたのだけれどその日を境に私は、しっくりこない時こそ自分の心と「今は楽しくしたいから笑おう」とか「今なんで悲しくなっているんだろう」と対話するようになりました。

習慣だから、なかなか変えられないものではあるけれど「習慣」は意志の力で変えられます。

イライラした毎日を過ごしたいと思ったら毎日イライラしていればいいだけ。

逆にもっと幸せでいたい、と思っていたらもっと幸せになる時間を増やせばいいだけ。

もちろん、知っていることと出来ることは似ているようで全然違うので、今もまだ修行中ですが、そんなシンプルな法則に気づいてから、すごく、心が軽くなりました。(modelpress編集部)

■『とにかくウツなOLの、人生を変える1か月』


著者:はあちゅう
発売日:2016年4月30日
定価:1300円(+税)
出版社:KADOKAWA

毎日を鬱々と過ごす奈緒が偶然出会った「メンタルジム」と、容赦ない質問攻めをしてくるカウンセラーのヒカリ。

ひるむ奈緒だが、ヒカリの問いに答えていくうちに、ぼんやりとした不安の正体が見えてきて――。

◆はあちゅうプロフィール


ブロガー・作家。慶應義塾大学法学部卒。電通コピーライター、トレンダーズを経てフリーに。

「ネット時代の新たな作家」をスローガンに、ネットと 紙を中心に媒体を横断した発信を続ける。著作に「半径5メートルの野望」(講談社)など。月額課金制個人マガジン「月刊はあちゅう」「はあちゅうのごはん 日記」が好評。